南無網島の大長寺

068 

http://www.city.osaka.lg.jp/miyakojima/page/0000016853.html#koharu
都島区の大長寺にある「紙治と小春の遺書」です。ご住職さまから、すこぶる貴重な寺宝を拝まさせていただきました。ありがたいことです。

画像ではわかりにくいかも知れませんが、非常に流麗で、線のしっかりした文字でした。ぼくは直感で女性(小春)の手によるものだと推測したのですが、どうでしょうか。もしそうだとすれば、小春は新地の遊女ですが、高い教養と矜持があって、慎み深く、粋な女性だったと思われます。そうでなければ、こんな美しい文は書けないでしょう。

紙治が恋焦がれたのも、判らないでもありません。


2008年 9月 29日
タグ:
コメントは終了しています。