御堂さんを偲んで、南へ歩く~大坂は本願寺から始まった~

3
9月14日から21日までの8日間に第1回「船場まつり」が開催されます。主催は船場げんきの会、船場まつり実行委員会、船場センタービル連盟、大阪久宝寺卸連盟、せんば心斎橋筋協同組合、大阪船場丼池卸連盟などで、約1400の問屋、小売店が参加しますが、大阪あそ歩もコラボレートして、中船場まち歩き「御堂さんを偲んで、南へ歩く~大坂は本願寺から始まった~」を実施します。「天下の台所」の中枢として繁栄した船場の多彩な魅力に迫るまち歩き企画。ぜひともご参加ください。

ご予約はこちら。
http://www.osaka-asobo.jp/machiaruki/39-01.html

大阪の大動脈・御堂筋。その出発は、津村別院と難波別院を結ぶ、細い細い参詣筋でした。この二大御堂のほかに、船場の守護神・御霊神社や、中世に活躍した武家・渡辺党の氏神の坐摩神社、ユネスコの世界無形文化遺産「文楽」ゆかりの難波神社などを巡ります。

● 実施日時 9月17日(木)13:00
● 参加費用 1,000円(中学生以上)
● 集合場所 地下鉄御堂筋線淀屋橋駅南改札口前
● 所要時間 約2~3時間
● 定員 15名


2009年 8月 30日
タグ:
コメントは終了しています。