「大阪あそ歩」来月17日から(大阪日日新聞2009.09.04朝刊)

いよいよ「大阪あそ歩’09秋」。大阪商工会議所にてプレス発表したところ、大阪日日新聞さんが記事にしてくれました。さすが大阪の地元紙。ありがたいことです。

http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/090904/20090904027.html

42
「大阪コミュニティ・ツーリズム推進連絡協議会」(大阪市、大阪商工会議所、水都大阪2009実行委員会、大阪観光コンベンション協会で構成)は3日、市民自らがガイドとなって来訪者といっしょにまち歩きやまち遊びを楽しむ「大阪あそ歩(ぼ)’09秋」を10月17日から開催すると発表した。期間は11月30日までの45日間で、まち歩きで68コース、まち遊びで7プログラムを実施する。

オープニングの10月17日には「大阪市制120周年記念まち歩き~江之子島から堂島、中之島へ~市役所跡を辿(たど)ると開国前後の大阪が見える」を開催する。

「大阪あそ歩」は「大阪は“まち”がほんまにおもしろい!」をテーマに昨年秋にスタート。今春には25コース50本のまち歩き、5プログラムのまち遊びに1056人が参加した。

コースを愛する熱の入ったガイドと「こんなものがあったのか」という地域資源の豊富さが魅力で、「キャンセル待ちが100人を超えた」と茶谷幸治・同協議会チーフプロデューサー。橋爪紳也・同協議会総合プロデューサーは「3年間で300コースが目標」と話す。

7日午前10時から、「大阪あそ歩’09秋」のホームページ(http://www.osaka-asobo.jp/)で予約できる。


2009年 9月 4日
タグ:
コメントは終了しています。