Царство божие внутри вас

ロシアの文豪レフ・トルストイが、その82年の生涯の最後に書いた手紙。

貴方の雑誌、インディアンオピニオンを受け取りました。そこに書かれている無抵抗主義の人々のことを知り、喜んでいます。

そこで私の心に生まれた考えを貴方に聞いていただきたくなりました。それは無抵抗と呼ばれている事は、愛の法則に他ならないと言うことです。

愛は人間の生活の最高にして唯一の法則であり、この事は誰でも心の奥底で感じていることです。

私たち達は子どもの中にそれを一番明瞭に見出します。愛の法則はひとたび抵抗という名の元での暴力が認められると、無価値となり、そこには権力という法則だけが存在します。

ですから私はこの世の果てと思われるトランスヴァールでの貴方の活動こそ、現在世界で行われている、あらゆる活動の中の最も重要なものと信じます。


南アフリカで民族解放運動をしていた当時、41歳のマハトマ・ガンジーにあてたものでした。トルストイからガンジーへ。すごいバトンです。こうやって人類は、前に進んできたんでしょう。感動です。


2010年 9月 14日
タグ:
コメントは終了しています。