ナショナリズムとパトリオティズム

ナショナリズム(愛国主義)は危険です。なぜ危険であるか?というと、国家というコミュニティは大抵、軍隊という暴力装置を持っているからです。ただこの1点だけで、愛国主義は、狂気となりうる。その危険性を常にぼくらは認識しておかないといけない。

パトリオティズム(郷土愛)が救われているのは、ふるさとや都市というコミュニティは基本的に軍隊をもたないから。戦争という手段をもたないコミュニティであるから、どれだけ声高にパトリオティズムを叫ぼうとも、まぁ、酒場で酔っ払ったオッサンの自慢話みたいなもんで、微笑ましいもんです。

ぼくは、だから、パトリオティズムの錦の旗印を掲げる。安酒に串カツ食べて、さぁ、大いに、わがまち、郷土を語ろうではないか。


2011年 4月 28日
タグ:
コメントは終了しています。