海泉寺 小西来山之墓



小西来山之墓。小西来山は、元禄期の俳人です。「お奉行の名さえ覚えず年暮れぬ」「涼しさに四ツ橋を四つ渡りけり」などの句が有名です。

最近、ぼくは来山の生涯に興味を覚えていて、この人、住まいは当時、日本最大のスラム街だった長町(現・日本橋)の果て。墓も長町近くの海泉寺にあります。バブル経済に狂喜乱舞していた元禄大坂へのアンチテーゼを貫いた人物だったようです。

ちなみに海泉寺は、新世界で行われた第5回内国勧業博覧会の「人類館」で見世物になったアイヌ人たちの宿泊所として利用されたことがあったようです。見世物になった琉球人、清国人は「見世物にされた!」と激怒しましたが、アイヌ人たちは「ええ賃金になる」と平気だったとか(そういう日記が残っているそうです)。

教科書にも出てきませんし、日本人の多くは知りませんが、大阪のまちの人は、「人類館事件」を決して忘れていません。


2011年 5月 31日
タグ:
コメントは終了しています。