宮沢賢治『イギリス海岸』

「その頃世界には人はまだ居なかったのです。殊に日本はごくごくこの間、三四千年前までは、全く人が居なかったと云ひますから、もちろん誰もそれを見てはゐなかったでせう。その誰も見てゐない昔の空がやっぱり繰り返し繰り返し曇ったり又晴れたり、海の一とこがだんだん浅くなってたうとう水の上に顔を出し、そこに草や木が茂り、ことにも胡桃の木が葉をひらひらさせ、ひのきやいちゐがまっ黒にしげり、しげったかと思ふと忽ち西の方の火山が赤黒い舌を吐き、軽石の火山礫は空もまっくらになるほど降って来て、木は圧し潰され、埋められ、まもなく又水が被さって粘土がその上につもり、全くまっくらな処に埋められたのでせう。考へても変な気がします。そんなことほんたうだらうかとしか思はれません」

宮沢賢治『イギリス海岸』

人間が一人としてこの世に存在していない。まるで世界の終末のような北上川の光景に思いを馳せる。まさに「石っこ賢さん」の面目躍如。この人は人も石も木も水も等価に感じる稀有な詩人でした。ちなみに石巻から北進する北上川が花巻に至ると、そこで猿ヶ石川と合流しますが、この猿ヶ石川の先にあるのが遠野。北上川(宮沢賢治、イーハトーブ)と猿ヶ石川(佐々木喜善、遠野物語)の分岐にあるのがイギリス海岸(賢治はまたこの川のことを「修羅の渚」とも呼んだとか)とすると、これまた面白い。

ちなみに猿ヶ石川(花巻~遠野)に沿って建設されたのが、あの「岩手軽便鉄道」で、ご存知『銀河鉄道の夜』のモデルとなった路線です。

銀河鉄道は「イーハトーブ(イギリス海岸)」から「遠野(カッパ淵、おしらさま、座敷わらし)」への蒸気機関車だったというわけです。現実は小説より奇なりww


2011年 7月 31日
タグ:
コメントは終了しています。