四天王寺 盂蘭盆会万燈供養会にて 「大阪は日本最大の宗教都市です」



大阪は「日本最大の宗教都市」です。

2005年度に文化庁が発行した「宗教年鑑」によると、日本全国​の都道府県で、もっとも寺社の数が多いのは愛知県(4844)で​すが、2位にランクインするのがじつは大阪府(3402)。3位​にランクインするのが兵庫県(3319)で、町のあちこちに寺社​が立ち並んでいるイメージの京都府が、実は5位(3102)で大​阪、兵庫のほうが寺社の数が多いことは、あまり知られていない事​実です。

さらに「都道府県の面積比」で考えれば兵庫県(3319寺院 県​面積8393km²)、愛知県(4844寺院 県面積5162k​m²)、京都府(3102寺院 府面積4612km²)、大阪府​(3402寺院 府面積1896km²)・・・兵庫や愛知、京都​の広大な面積と比べると、いかに大阪が狭い府面積のわりに、寺社​の数が突出しているのかが、よう解ります。ぼくが 「日本最大の宗教都市は大阪である!」と熱弁しても、あながち過言でも虚言でもないわけです(笑)

寺院で開催される最も大きな宗教祭事のひとつが「盂蘭盆会​」(お盆)。これは先祖や、自分より先に死んでしまった人たち(​無縁仏を含めて)を敬い、慈しみ、感謝しようというもの。得て​して大阪人というと「阪神」「粉もん」「お笑い」好きのコテコテ​のラテン民族、「安けりゃなんでもいい」の拝金主義といった妙な​パブリック・イメージがあるようですが、実はとても敬虔で、真摯​で、誠実な、慎み深い、宗教民族なのだと僕は思っています。

画像は四天王寺さんの盂蘭盆会万燈供養会。


2011年 8月 16日
タグ:
コメントは終了しています。