明治大学博物館にて。高山茶筌。

明治大学博物館にて。法学部の教授たちが処刑器具や拷問器具を集めてましたが、商業系の教授たちは伝統商業品などを集めていたとか。この奈良県生駒市の高山茶筌はそのうちのひとつ。なにげにありましたが、これはスゴイ展示品で。高山茶筌は門外不出の一子相伝で、いまだに制作者は夜中に茶筌作りをする…といわれているんですな。竹は日本全国にありますが、茶筌のシェアはほとんど奈良県生駒市高山であるのはそういう理由からで。そして、この展示品は門外不出、一子相伝の高山茶筌の制作過程が伺いしれる。かなり貴重なものでしょう。驚きました。

1014768_508867265851106_1708927772_o


2013年 6月 18日
タグ:
コメントは終了しています。