『マガジン航』編集人の仲俣暁生さんがコラム「Editor’s Note」の中でちょっとだけ「まわしよみ新聞」について触れていただきました

『マガジン航』編集人の仲俣暁生さんがコラム「Editor’s Note」の中でちょっとだけ「まわしよみ新聞」について触れていただきました。昨日のアサダくんのコラム「本屋はブギーバック 第4回 本でも音楽でも、“文化”を使い回そう!」に続いての登場なんですが、やたらと「まわしよみ新聞」公式サイトのアクセス数が伸びているのでビックリしましたw 仲俣さん、アサダくん、改めて、ありがとうございます!^^

ちなみに以下の文章は仲俣さんのコラムより。「マガジン航」とアサダくんの共同で「文化のリサイクル」「文化の使い回し」を実践するイベントを行うとか。めっちゃ興味あります。期待大!

————————————————————-

文化はどこから生まれるのか。期せずして同じテーマとなった先週末のシンポジウムとアサダワタルさんの記事は、あらためてその問いを突きつけてくれました。そこで「マガジン航」ではアサダさんと共同で、「文化のリサイクル」「文化の使い回し」を実践するイベントを近いうちにやってみたいと考えています。詳細は決まり次第に発表いたします。どうかご期待ください。

■『マガジン航[kɔː]』「Editor’s Note」posted by 仲俣暁生(マガジン航)
http://www.dotbook.jp/magazine-k/2013/07/01/editors-note-7/


2013年 7月 2日
タグ:
コメントは終了しています。