「大阪七墓巡り復活プロジェクト2013」、ぼちぼちやります

「大阪七墓巡り復活プロジェクト2013」、ぼちぼちやります。まずは「七夜連続一墓巡り」で應典院にて「葬食」を実施し、その後、南濱まち歩きをやります。ご興味ある方はぜひともご参加を!

■8/9(金)18時より應典院にて【大阪七墓巡り復活プロジェクト2013 七夜連続一墓巡り ①南濱編】「葬食~盆とは皿を分けること~」と南濱まち歩き
http://www.facebook.com/events/202691023222744

■企画概要
「生きること」とは「食べること」。そして「死ぬこと」とは(生きている誰かに)「弔われること」です。弔いには色々な方法がありますが、仏教では無縁の死者に対して行う「施餓鬼」があります。それは死者に食事を供えて弔うというものです。つまり食べること=生きること=死ぬこと=弔われること(食べること)はどれも等しく同価値であり、また「食」をモチーフにして生者と死者を見つめなおすコモンズの場を創出することが可能ということでもあります。そこで死者にお供えする食事メニュー(これを「草食」ならぬ「葬食」となづけました)を應典院に持ち込んでください。死者を供養する日「盆」というのは「皿を分ける」と書きますが、「葬食」をみんなでシェアして食べましょう。またその食事メニュー「葬食」を南濱墓地の無縁仏にもお供えします。【大阪七墓巡り復活プロジェクト2013】の「七夜連続一墓巡り」の第1弾企画です。
http://www.facebook.com/sousyoku


2013年 7月 11日
タグ:
コメントは終了しています。