関西学院大学のサイトで「終戦記念日まわしよみ新聞ワークショップ」の様子が紹介されました

903756_521125774625255_1659311179_o

関西学院大学のサイトで「終戦記念日まわしよみ新聞ワークショップ」の様子が紹介されました。これを機会に学生さんたちが自主的に「まわしよみ新聞」をやってくれたら嬉しいんですが・・・w

■関西学院大学社会学部・社会学研究科「まわし読み新聞で学ぶメディア」
http://www.kwansei.ac.jp/s_sociology/news/2013/news_20130709_008024.html

7月9日、社会学部で 「『まわしよみ新聞』で学ぶメディア ―終戦記念日はどのように報じられてきたのか―」を開催しました。まちづくりプロデューサーの陸奥賢さんをゲストファシリテーターとして迎え、神戸女学院の学生を含む、14人の学生が参加をしてくれました。この企画は初の試みでしたが、「終戦記念日」という思慮深いテーマを題材とし、戦後から現在までのマスメディアを通して読み解くことで多角的な視点や気付きが得られる機会となりました。


2013年 7月 17日
タグ:
コメントは終了しています。