コミュニティ・デザインとは上座部仏教で、コモンズ・デザインとは大乗仏教である

さきほど岸井さんとのツイッターで「コミュニティ・デザインとは上座部仏教で、コモンズ・デザインとは大乗仏教である」とつぶやいて、ようやく、自分のやっていることの意味がわかりましたww

「まわしよみ新聞」は「コミュニティ」といった「身内」「自己完結」ではなくコミュニティ外の人々・・・「他者」「流れ者」「弱者」「遊歩者」「無縁者」「まれびと」「フラヌール」との邂逅であり、縁起であり、コミュニケーション・デザインなんですな。まさに大乗仏教的な縁起の実践。もう、そう言い切ってしまおうww 

「コミュニティ・デザインとは上座部仏教で、コモンズ・デザインとは大乗仏教である。そして、まわしよみ新聞はその実践である」

■「まわしよみ新聞」公式サイト
http://www.mawashiyomishinbun.info/
~オールフリー&オープンソースで「いつでも、どこでも、だれでもできる」が合言葉!「コモンズ・デザイン」(共的空間設計)によって開発された大阪(應典院生まれ・釜ヶ崎育ち)の新しい市民メディアの「エートス」(型)です~


2013年 8月 26日
タグ:
コメントは終了しています。