「直観讀みブックマーカー」の神髄

「聖書、仏典、そんなものである必要はない。スリラー小説、ラブレターの書き方の練習帳、何年か前の新聞、ギターの教則本、やったことない?こうするんだ、頭の中に妄想の渦巻きを起こす、”俺は自殺すべきかそうでないか”といったようなことを思い浮かべて、何でもいい手近にある本を開くのさ、精神を集中してそこに書いてあることを読むんだ。そうすると、ギターの教則本が、自殺に関する答えを出してくれる」

リチャード・バック『イリュージョン』より

假奈代さんから教えてもらいました。まさに「直観讀みブックマーカー」の神髄を言い当てています。そうか。そうだったのか。誰かリチャード・バックに「直観讀みブックマーカー」を教えてあげてくださいww
http://www.facebook.com/tyokannyomibookmarker

081202i11


2013年 10月 5日
タグ:
コメントは終了しています。