「防災情報新聞」で「ふくしま福光プロジェクトまわしよみ新聞ワークショップ」がご紹介されました!

「防災情報新聞」で「ふくしま福光プロジェクトまわしよみ新聞ワークショップ」がご紹介されました!ご参加していただいてレポートを書いてくださった片岡さん、本当にありがとうございます!^^

■〈ふくしま福光プロジェクト〉「ふるサッと民泊ツアー」 報告会を開催
http://www.bosaijoho.jp/association/volunteer/item_6600.html

▼まわしよみ新聞の製作―身近に理解するワークショップ
陸奥賢(さとし)氏(NPO法人 まちらぼ代表)による「まわしよみ新聞」の製作イベントが行われた。「まわしよみ新聞」とは2012年9月から始まった自主製作の“新聞”で、一般紙(新聞)を読んで「面白い、気になる」記事を切り抜き、各自が切り抜いた理由を説明しながら台紙に貼って「まわしよみ新聞」をつくる試みで、誰でも参加できてプレゼンテーション力が付くなどの効果が期待できるというもの。参加者が5つの班(1班に6~7人)に分かれて朝日・毎日・読売などの新聞を読み、切り抜いた記事について感想・意見を述べ、その後、各班が作成した「まわしよみ新聞」を発表した。これらの報告・催しなどが終了後、今後に向けた関西と福島の支援についての情報交換を目的とした懇親会が行われた。

bousai


2013年 10月 9日
タグ:
コメントは終了しています。