ホーム > 雑感 > 2013年10月15日のツイート

2013年10月15日のツイート

2013 年 10 月 15 日

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

画像は「新聞はいま、誰が読んでいるのか?」より。 www.landerblue.co.jp/blog/?p=9150 結構、衝撃でした。そして危機意識が芽生えてきました。これはまぢでやばいぞ、と。 pic.twitter.com/wHsrn10PvP


posted at 01:18:05

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本のジャーナリズムは、なんだかんだで新聞メディアが主力です。政治家が、官僚が、企業が、記者会見をする。そのさいに、フリーのジャーナリストや市民メディアの関係者というのはなかなか会見の場に入ることができません。

posted at 01:18:16

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

中に入ろうとしても、どこの新聞社ですか?記者クラブに入っていますか?というようなことが、まず問われる。欧米では「I’m journalist」と名乗れば、だれでもフリーパスで中に入れるのに、日本では、いまだに、そういう非常に閉鎖的な構造になっています。

posted at 01:18:24

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そもそもは政治家や官僚や企業が悪いのですが、しかし新聞社や記者クラブも、フリージャーナリストや市民メディア、ネットメディア関係者などを、どこの馬の骨かわからない存在として排斥する気分があって、ある種の「既得権益」を守ろうとしている部分もあります。まずこれを是正しないといけない。

posted at 01:18:32

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

それで、調査結果に話を戻すと、要するに今後、世の中の人はどんどんとネットに偏重していき、世の中のニュースを知る手段も大部分はネットになっていくということなんでしょう。

posted at 01:19:01

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

しかしネットニュースの情報源というのは、現状では新聞社、新聞記者が金と時間、コストをかけて入手してきたニュースソースが大部分なわけです。

posted at 01:19:25

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

日本ではフリーのジャーナリストや市民メディア、ネットメディア関係者の記事というのはほとんど見られません(コラムや批評は別ですよ。そういうのも、最近はたまにネットニュースでも上位にきますが、しかしコラム・批評される元ネタ=そもそもの情報源は、やっぱり新聞だったりするわけです)。

posted at 01:19:42

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

だから新聞を有料購読するのではなくて、インターネットで「無料」で見る人が増えると、一体、どういうことが起きるのか?端的にいえば、新聞社にお金がまわらないということになる。新聞社にお金がまわらないとどういうことが起きるのか?というと、取材力や記者の質がどんどんと劣化していく・・・。

posted at 01:19:50

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「権力は腐敗する。絶対的な権力は絶対に腐敗する」とはイギリスの歴史家ジョン・アクトン卿の有名な言葉ですが、そういう権力が腐敗しないように監視する「社会の公器」としての役割というのがジャーナリズムにはあります。

posted at 01:20:02

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そして、日本のジャーナリズムの主流を担っている新聞が弱体化することは、非常に危い社会状況を生みだしかねないわけです。「へぇ。いまの若い人や学生は新聞とか全然読んでないんやなぁ~」で終わる話ではないわけです。とくに日本のメディア状況を鑑みると。

posted at 01:20:11

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

もうちょっとみなさん、新聞をちゃんと買って読みましょう(そして、できれば「まわしよみ新聞」しましょうw)。そして新聞社、新聞記者、記者クラブのみなさんはメディア報道の規制緩和を。

posted at 01:20:25

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

世の中のネット偏重の流れは変わりませんから、新聞に替わる「社会の公器」を、ちゃんと用意、担保しておかないといけない。そのためにも、もっとフリージャーナリストや市民メディア、ネットメディアなどを現場に入れてほしいですな。

posted at 01:20:35

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

残念ながら、新聞だけで日本のジャーナリズムを支える時代は終わりました。もっともっとメディアは多様化しないと、本当にこの国の行く末は恐ろしいことになります。mutsu-satoshi.com/2013/10/14/%E6…

posted at 01:20:52

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「まわしよみ新聞」に参加しても「答え」はみつかりません mutsu-satoshi.com/2013/07/21/%e3…

posted at 01:24:37

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ジャズ講談師・旭堂南陽 with まわしよみ新聞師・むつさとし mutsu-satoshi.com/2013/07/21/%e3…

posted at 01:25:57

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

丸五市場にて。劉備玄徳と mutsu-satoshi.com/2013/07/21/%e4…

posted at 01:28:00

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

富永仲基一族の墓 mutsu-satoshi.com/2013/07/19/%e5…

posted at 01:29:34

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

成道会(12月8日)に始まり、盆(8月15日)に終わった太平洋戦争 mutsu-satoshi.com/2013/07/19/%e6…

posted at 01:31:19

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

@shakutesshu 釈先生に褒められると恐縮です^^; 今後ともいろいろとご教示くださいませm(_ _)m

posted at 08:50:18

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

新聞に替わる「社会の公器」を! mutsu-satoshi.com/2013/10/14/%e6…

posted at 08:50:40

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「まちライブラリー@大阪府立大学」さんが読売新聞さんに主催されました。さらに取材が「直観讀みブックマーカー」の時だったので、その様子が写真素材として使われておりますw  mutsu-satoshi.com/2013/10/13/%e7…

posted at 08:51:04

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

100年前から釜ヶ崎にあった「新聞縦覧所」(元祖まわしよみ新聞?) mutsu-satoshi.com/2013/10/13/%e3…

posted at 08:51:12

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大阪の地元紙「大阪日日新聞」さんに「まわしよみ新聞」記事が掲載されました!かなり記事が大きくてビックリしました^^; 改めて、ありがとうございます~!m(_ _)m mutsu-satoshi.com/2013/10/12/%e5…

posted at 08:51:22

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「いつでも、どこでも、だれでもできるコモンズ・デザイン」のまわしよみ新聞は、「コモンズ(共、入会地)」を標榜してますから、当然のように「完全フリー&オープンソース」です。■まわしよみ新聞公式サイト www.mawashiyomishinbun.info

posted at 08:55:29

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

まわしよみ新聞を勝手にやったからといってぼくは訴えたりしませんし、「使用料を払え!」なんてことをやりません(基本的に権利ビジネスはキライなんですww)■まわしよみ新聞の作り方 www.mawashiyomishinbun.info/manual/

posted at 08:56:04

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

みなさん、どうぞご自由に、いろんな場所(会社、店舗、コミュニティスペース、寺社仏閣、住み開き拠点、公園、原っぱ、空き地など)で「まわしよみ新聞」をやってみてください。いろんな発見があると思います。■まわしよみ新聞の作り方 www.mawashiyomishinbun.info/manual/

posted at 08:56:32

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「いつでも、どこでも、だれでもできるコモンズ・デザイン」のまわしよみ新聞は、「コモンズ(共、入会地)」を標榜してますから、当然のように「完全フリー&オープンソース」です mutsu-satoshi.com/2013/06/24/%e3…

posted at 08:58:18

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

摂南大学の学生さんを連れて松島遊廓のまち歩き。去年は新町遊廓跡を案内して今年は松島遊廓の案内。毎年毎年、何も知らない、いたいけな学生さんを引き連れて遊廓案内ばっかりしてる気がします。くくく。画像は川口基督教会。静謐。素晴らしい。 pic.twitter.com/91HC3M8bSm


posted at 13:10:24

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

@uniko40 ぜひぜひ~!^^ いろんなところでやってみてくださいm(_ _)m  www.mawashiyomishinbun.info/manual/

posted at 13:53:28

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

@sabaaimama @uniko40 いいですね~!ぜひとも!^^ www.mawashiyomishinbun.info/manual/

posted at 13:54:32

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

21世紀の、日本の、現代演劇の、最先端を逍遙している孤高の劇作家・岸井大輔さんの公式サイト。 www.kishiidaisuke.com シンプル・イズ・ベスト。ブックマーク必須!!です。

posted at 14:05:20

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

21世紀の、日本の、現代演劇の、最先端を逍遙している孤高の劇作家・岸井大輔さんの公式サイト mutsu-satoshi.com/2013/10/15/21%…

posted at 14:06:27

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ローカリズムに敗れた維新 堺市長選を振り返って – 大阪日日新聞 www.nnn.co.jp/dainichi/news/…

posted at 14:12:00

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

『参加者募集!「まわしよみ新聞~南河内編」in富田林・寺内町』 amba.to/19JER2b

posted at 14:26:42

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この商品を買った人はこんな商品も買っています mutsu-satoshi.com/2013/08/07/%e3…

posted at 20:09:22

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

amazonで本を購入すると、よくでてくるのが「この商品を買った人はこんな商品も買っています」「あなたがチェックした商品を買った人は、こんな商品も買っています」という煽り文句。

posted at 20:09:57

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

顧客の嗜好を判断するアルゴリズムデータの蓄積によって、興味や関心が似た人々をグループ化して、顧客がまだ見ていない、知らない商品情報を提供し、抱き合わせで商品を購読させようとする。

posted at 20:10:07

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「協調フィルタリング」と呼ばれる「レコメンド・システム」(推奨システム)で、ネット・ビジネスでは常識化しつつあるようですが、これがぼくはどうも気に入らない。

posted at 20:10:15

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

実際、非常に購読意欲をくすぐるシステムなんですが、結局、こうやって薦められる商品は、人間をある種のタイプに当て嵌めようとする罠といえます。ネットってのは、どうも目的論的なユーザーが多いせいか、そこにサービスを準拠させると、与えられる情報に偏りが出て、「情報の偏重」が発生する。

posted at 20:10:24

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

薦められるままに本を購入していると、同じような、似たような人間ばかりが量産されるというわけです。「協調フィルタリング」はじつは一種の「調教フィルタリング」といってもいい。

posted at 20:10:32

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ぼくが、むしろ、ネットサービスでやってほしいのは、「この商品を買った人はこんな商品は絶対に買っていません」「あなたがチェックした商品を買った人は、こんな商品はまったく買っていません」という「非協調フィルタリング」であり、「アンレコメンド・システム」(非推奨システム)です。

posted at 20:10:41

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

自分とよく似た世界観の人やグループがいて、しかし、その中の誰も読んでいない本だからでこそ、それをあえて読んでみることによって、未知の発見や、新しい世界や、想像だにしなかった可能性が見えてくるかもしれない。あくまで「かもしれない」なんですが、そこが非常に大事なことで。

posted at 20:10:50

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

みんな同じ道を歩いていても、おもろないということです。反対に歩いたり、細路地に入ったり、回り道したり、穴にもぐったりしないと。真に豊かな情報化社会のために、いまこそ「非協調フィルタリング」「アンレコメンド・システム」を!

posted at 20:10:59

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そういうネット本屋がでてきたら、ぼくは大いに応援したいですwwmutsu-satoshi.com/2013/08/07/%E3…

posted at 20:11:13

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

文化主義経済 mutsu-satoshi.com/2013/07/17/%e6…

posted at 20:20:05

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

結局のところ、ぼくがやりたいことは「資本主義経済」ではなくて「文化主義経済」で。資本追求の代わりに文化追求を基本原理とする社会を作りたい。

posted at 20:21:10

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そこではまず「私有」ではなくて(もちろん公有でもなくて。それは結局、再分配する権力構造=共産主義ですから)「共有」することがスタンダードとなり、「自由競争」ではなくて「自由許容」することが求められる。

posted at 20:21:20

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そして資本に代わって文化を広く社会に活き渡らせるためには「文化のコンサム(消費)」ではなくて、「文化のリサイクル(再生)」「文化のリユース(再使用)」「文化のリペア(修理)」「文化のイノベーション(新活用)」「文化のブリコラージュ(細工)」などが必要になるだろうと思ってます。

posted at 20:21:27

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

文化なんて、そんな簡単に一朝一夕で生産するなんてことはできないですから。

posted at 20:21:51

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

江戸時代の祭礼を復活させる「大阪七墓巡り」も「盆」を現代的にアレンジした「葬食」も、新聞メディアの再利用である「まわしよみ新聞」も、養蚕文明を体感する「おかいこさま」も、ぼくのやってることは、みんな同じようなことで、ひとことでいえば文化主義経済のための運動だといえます。

posted at 20:22:13

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

文化の可能性を模索して、領域や活動範囲を広げ、グランドデザインを変えたい。資本主義経済はもはや完全に袋小路なので、こういう人はやがて増えるだろうという気はしてるんですが・・・。mutsu-satoshi.com/2013/07/17/%E6…

posted at 20:22:29

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ディベート(討論)ではなくてエクスチェンジ(交換)を mutsu-satoshi.com/2013/05/24/%e3…

posted at 20:25:08

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【大阪七墓巡り復活プロジェクト特別企画】7/14(日)19時よりEARTHにて岸井大輔×むつさとし対談「都市とは劇場かつ墓場であり、都市遊歩とは観劇かつ巡礼である!」のための、プレ公開チャット(B面) mutsu-satoshi.com/2013/07/10/%e3…

posted at 20:25:16

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【大阪七墓巡り復活プロジェクト特別企画】7/14(日)19時よりEARTHにて岸井大輔×むつさとし対談「都市とは劇場かつ墓場であり、都市遊歩とは観劇かつ巡礼である!」のためのプレ公開チャット(A面) mutsu-satoshi.com/2013/07/14/%e3…

posted at 20:25:31

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

場のネットワーカー mutsu-satoshi.com/2013/07/08/%e5…

posted at 20:33:18

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

クリエイティブ・ツーリズムをやる目的のひとつに「あんまりにもクリエイティブ拠点が増えすぎてないか?」という問題提起があります。いま、やたらと「コミュニティ・カフェ」やら「住み開き拠点」やら「なんとかスペース」が増えていて、「コンビニ化」している気がするんですな。

posted at 20:34:01

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「場」を持つことは大事です。しかし同じようなエリアに、同じような「場」が増えすぎていて、個個の拠点のレベルでいえば、そこを利用するひと、参加するひと、携わるひとというのが総体的に減っていく。哀しいかな、「客の奪い合い」というのが発生している。

posted at 20:34:09

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

同じまちの中に6つも7つも8つもコミュニティ・カフェがあるというのは、これはじつはコミュニティを維持するどころか、「コミュニティ分断」の動きにつながっていきます。「お山の大将」がいっぱいいて、「船頭多くして船山に登る」の過ちが、日本全国のまちづくりの現場でいかに多いことか。

posted at 20:34:19

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

まちに必要なのは「船の所有者」(船頭)ではなくて、「船の利用者」(船客)を増やすことです。また安易に「船頭」になるので、結局、船を維持できなくて、すぐに閉鎖してしまうということも往々にあります。

posted at 20:34:28

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

仮に自分が「船頭」になろうとしても、まずはその自分の船の周辺に同じような船がないか?と探して、リサーチして、マーケティングして、船をはじめないと、先行する船と一緒に「共倒れ」のような状況にすらなりかねない。

posted at 20:34:36

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

実際に、東京や横浜、大阪、神戸といった大都市において、そういう事例が多く見受けられます。当たり前の話なんですが、まちづくりはもっと戦略的にやっていかないといけない。

posted at 20:34:45

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そこで、まち歩きを利用して、そのまちのコミュニティ・カフェや住み開き拠点やなんとかスペースを訪問することで、このまちには、いま、なにが足りていて、なにが足りていないのか?・・・ということを可視化する必要があるわけです。

posted at 20:34:57

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

自分のまちのクリエイターやアーティストの拠点を知り、それから自分たちは今後、どうすべきか?を考える。まちづくりの先輩や先達を知り、後続はどうすべきか?を考えていかないといけない。

posted at 20:35:07

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

安易に「場」を作る前に、「既存の場」を繋ぎ、場に客を集め、場を知って次を考えるという「場のネットワーカー」の仕事がいります。クリエイティブ・ツーリズムはそこを担えるし、そこにこそ、このプロジェクトの必要性と可能性があります。www.facebook.com/1permilCreativ…

posted at 20:35:40

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

なぜ「まわしよみ新聞」がうけるのか?・・・それは小さいけれども「世界を作る手仕事感覚」があるからです mutsu-satoshi.com/2013/07/07/%e3…

posted at 20:39:29

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「まわしよみ新聞」の制作には3つのプロセスがあります。 ①新聞をまわしよんで記事を切りぬく ②切り抜いた記事をプレゼンしてみんなで話し合う ③記事を四つ切画用紙に張り付けて壁新聞を作る このどれもが欠けると「まわしよみ新聞」にならないわけで、とくに一番重要なのが実は「③」で。

posted at 20:40:43

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

例えば新聞をまわしよんで、おもろいと思う記事を赤丸つけて、それを話し合って終了・・・としてもいいんですが、ぼくはあえて新聞記事を切り取って、みんなで1枚の壁新聞として再編集しなおすという「エトス」(型)にしたんですな。

posted at 20:40:53

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

これは、おもろい記事、興味深い記事を切り取ることよりも、それを上手にプレゼンしたり、話し合うことよりも、みんなで1枚の壁新聞をクリエイト(創造)することにこそ、「トポス」(場)の面白さが最大限に発揮されると考えたからです。

posted at 20:41:05

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

①と②はいってみれば「個人芸」の範疇なんですが、③は「全体芸」になるというわけです。

posted at 20:41:21

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

切り抜き記事をどう並べようか?貼っていこうか?この記事とこの記事を並べたら別の意味がでて面白いのでは?どう色づけしようか?タイトルや日付はだれが書こうか?スキマや空白をどうしようか?イラストでも描いてみようか?…要するに調整や構成や交渉や編集する能力が問われてくるわけです。

posted at 20:42:07

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

①と②をうまいことやれても③はダメという人が世の中にはいるし、逆に①と②はダメでも③となると俄然、力を発揮するという人もいる。こうして、「まわしよみ新聞」を作ることで、ひとつの「小さな社会」「小さな世界」を創造することになり「社会性」「世界性」を習練するステップにもなるわけです。

posted at 20:42:21

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

また非常に重要なのがハサミやノリで新聞の記事を切り取ったり、貼ったりという作業は「手仕事」で、この「手仕事感覚」こそが脳化してしまった情報社会に、もっともロストされている感覚だったりします。

posted at 20:42:33

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

子供が無意味にハサミでヒモを切ったりするように、無意味にあちらこちらの壁にシールを貼るように、「ハサミで新聞を切る」とか「ノリで記事を貼る」とかいう作業は純粋に楽しいんですな。

posted at 20:42:51

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

こういう「触覚的喜び」をみんなで共有できる体験って大人になると全くないですから。そういう意味でも③のプロセスは非常に重要です。それで、このプロセスはなにかに似ているなぁ?と前々から思っていたんですが、じつはこれは河合隼雄先生の「箱庭療法」に似ているということに気づきました。

posted at 20:43:17

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「四つ切画用紙」はいってみれば「箱庭」なんですな。まわしよみ新聞はそこに「新聞記事」というメディアを置いていきますし、箱庭療法ではそこに「おもちゃ」というメディアを置いていく。

posted at 20:43:27

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

新聞記事は「2次元」で、おもちゃは「3次元」という違いはありますが、メディアを置いて「小さな社会」「小さな世界」を創造するという意味では、やってることは一緒です。

posted at 20:43:34

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ちなみに箱庭療法の発案者マーガレット・ローエンフェルド(Margaret Lowenfeld)は、箱庭療法のことを「世界技法」(The World Technique)と呼んでいたとか。まさに「世界を作る」という「手作業」なんですな。

posted at 20:43:42

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

なぜ「まわしよみ新聞」がうけるのか?・・・それは小さいけれども「世界を作る手仕事感覚」があるからです。やってみればわかりますが、これは非常に魅力的な体験です。自分がなにをやっているのかわからないほどに細分化された産業社会の住人であるぼくらには、これほど魅力的な体験はありません。

posted at 20:43:46

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

なぜ「まわしよみ新聞」がうけるのか?・・・それは小さいけれども「世界を作る手仕事感覚」があるからです mutsu-satoshi.com/2013/07/07/%e3…

posted at 20:43:50

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「むらしずめ」「まちしずめ」のためのアートを mutsu-satoshi.com/2013/07/04/%e3…

posted at 20:48:26

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

いま現在、日本の空き家率は13パーセント。野村総合研究所の報告書では、これが30年後には43パーセントになるとか。いまから30年ローンで家やマンションを買っても、ぼくが65歳のときには、なんと日本国中の家の半分近くに人が住んでいない。

posted at 20:48:50

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

家の価格は一気に下落するだろうし、世の中はゴーストタウンだらけ。限界集落は「廃村」となり、もしかしたら「廃町」「廃市」なんて現象も出てくるかも知れない。

posted at 20:49:00

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

自分たちのむらがなくなる。まちがなくなる。そうならないために、日本全国どこでも一生懸命に「むらおこし」「まちおこし」をしてますが、この人口減少時代の荒波は、そう簡単には乗り切れないでしょう。

posted at 20:49:09

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

また「むらおこし」「まちおこし」のためによく利用されるのが「なんとかアート・フェスティバル」「なんとか芸術祭」。

posted at 20:50:26

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

むらやまちに若者を集めようと地方にアーティストを招聘して、レジデンス、作品展示、ワークショップなどを繰り広げますが、なかなか土地の文脈にあってないし、ほとんどが一過性のものに終わる。

posted at 20:50:34

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ぼくが思うに、もはや「むらおこし」「まちおこし」のために、経済活性化のために、アーティストを地方に呼ぶのは間違いで、ほんまは「むらしずめ」「まちしずめ」のためにこそ、アーティストの仕事があります。明日、むらを解散する。まちが滅びる。そういうときにこそ、アートが必要となってくる。

posted at 20:50:47

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ひとが産みだしたものなんだから、ひとが死ぬように、むらもまちもいずれ死ぬ。必ず死ぬ。しかし人が死ぬときに葬式という儀式や祭礼が必要なように、むらやまちを閉じるときにも、鎮魂と供養のための儀礼や祭礼が必要になってくる。そうしないと死者やネクロポリス(死の都)が浮かばれないですから。

posted at 20:51:13

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そして、そのときにこそ、アートが必要になると思っているんですな。アートにはそういう可能性があるし、その可能性を追求したいと思って「大阪七墓巡り復活プロジェクト」をやっていたりします。mutsu-satoshi.com/2013/07/04/

posted at 20:51:46

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

画像は野村総合研究所「人口減少時代の住宅・土地利用・社会資本管理の問題とその解決に向けて」より。■「むらしずめ」「まちしずめ」のためのアートをmutsu-satoshi.com/2013/07/04/ pic.twitter.com/jsxjWjJqGx


posted at 20:52:17

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

台風、福島を直撃っぽいんですが・・・。typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typ…

posted at 21:17:39


カテゴリー: 雑感 タグ: