鉄と人

鉄を便利な道具にするのも、人を殺す武器にするのも、それは人間様のご都合であって鉄そのものに罪はなく。鉄こそは人間存在の鏡であって、鉄をどう扱うか?で文明の態度が示される。鉄はまた叩き直せば鉄砲の弾から平和の鳩の像にすることも可能でリユースできる。かつては人殺しや金儲けの道具であったが、それが、まちの人たちを仲良くする年に一度の祭器として使われたりするならば鐵神様も嬉しいのでは?などと、しみじみと思う。


2013年 10月 22日
タグ:
コメントは終了しています。