2013年10月29日のツイート

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今週わけわからんぐらいハードスケジュール。今日、奈良にいき、夜は神戸の仕事を打ち合わせし、明後日は京都にいき、明々後日も京都にいき、その翌日は奈良にいき、さらにその翌日は奈良から大阪まで歩く。泣きそう。

posted at 00:09:43

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

@cp4107 ありがとうございます!( ´ ▽ ` )またしおりダウンロードできるんで色んなとこでやってみてください!m(_ _)m■直観讀みブックマーカー公式サイト tyokkannyomibookmarker.info ■しおりダウンロードtyokkannyomibookmarker.info/bm_A4prt.pdf

posted at 00:14:18

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

@yanonapo ありがとうございます!( ´ ▽ ` )しおりダウンロードできるんで色んなとこでやってみてください!m(_ _)m■直観讀みブックマーカー公式サイト tyokkannyomibookmarker.info ■しおりダウンロードtyokkannyomibookmarker.info/bm_A4prt.pdf

posted at 00:14:58

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

読者週間とか。しかし読書習慣のない子供にいきなり「本を読みなさい」と本を渡しても読まないですわ。まず興味を覚えさせないと。そういう時に「直観読み」が使えます。ブックマーカー作りから読書が始まれば素敵ですなww ■直観讀みブックマーカーtyokkannyomibookmarker.info

posted at 00:22:04

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

11/16(土)13時から「AAF(アサヒ・アート・フェスティバル)2013報告会」で司会をやることになりました mutsu-satoshi.com/2013/10/29/111…

posted at 03:43:03

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

11/16(土)13時から「AAF(アサヒ・アート・フェスティバル)2013報告会」で公益社団法人企業メセナ協議会の松木まどかさんと一緒に司会をやることになりました。全国の様々なアート・プロジェクトの成果報告が無料で参加できます。ご興味ある方はぜひともご参加くださいm(_ _)m

posted at 03:43:39

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本日10/29(火)の東京新聞さんのコラム「メディア観望」にて「まわしよみ新聞」が取り上げられる予定です!東京界隈の方はぜひとも東京新聞を買ってみてください~!m(_ _)m ■東京新聞 www.tokyo-np.co.jp

posted at 04:16:28

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本日10/29(火)の東京新聞さんの「メディア観望」にて「まわしよみ新聞」が取り上げられました! mutsu-satoshi.com/2013/10/29/%e6…

posted at 08:48:16

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本日10/29(火)の東京新聞さんの「メディア観望」にて「まわしよみ新聞」が取り上げられました!www.mawashiyomishinbun.info/archives/1557/

posted at 08:59:47

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

東京新聞▼メディア観望 ◎広がる「まわしよみ新聞」  持ち寄った新聞を参加者みんなで読み、注目した記事を切り抜いて意見交換する「まわしよみ新聞」という活動が各地で広がっている。

posted at 09:00:18

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大阪で始まって一年、記事を通してコミュニケーションを深める「場」として、大学や高校、地域活動などでも取り入れられている。参加すると、新聞が本来持つ“威力”を発揮していることに気付かされた。  

posted at 09:00:25

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■みんなで読む   この活動を始めた、まちづくりプロデューサー陸奥賢(むつさとし)さん(35)が大阪市内のお寺で開いた「まわしよみ新聞」に出掛けると、参加者は十数人。

posted at 09:00:35

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

陸奥さんの進行で、四、五人のグループに分かれ、それぞれ持ち寄った新聞を回し読みした後、一人三本の記事を選び、切り抜く。私は東京新聞を持参したが、神戸新聞や全国紙、スポーツ紙や業界紙などもあり、見出しの大きな記事を選ぶ人もいれば、数行の短信などに注目した人も。  

posted at 09:00:43

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

記事のどこに注目し、なぜ選んだかを各人から説明し合うと、こんな面白い話題もあったのかと驚いたり、見落とした記事に「なるほど」と思ったり。次に一枚の紙に貼って壁新聞のようにまとめるのだが、何をトップにして、どんなレイアウトにするかで議論は盛り上がった。

posted at 09:00:50

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

最後に日付と「まわしよみ新聞」の題字、切り抜いた編集場所や感想と名前を書いて完成。出来上がったユニークな新聞をグループ毎に発表しあうと、参加者の思いが共有できた気持ちになり、刺激的だった。  

posted at 09:00:59

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■世界が広がる  約二時間、ちょっと変わったワークショップという雰囲気だが、話題が多方面に広がり楽しい。

posted at 09:01:13

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

きっかけは昨年、陸奥さんが入った喫茶店で新聞を読みながら客と店主が楽しそうに話している姿を見て「みんなで新聞を読んで意見交換のネタにすれば盛り上がる」と思い付き、仲間で始めたことからだった。  

posted at 09:01:20

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「インターネット情報検索は便利だが、関心・興味のある情報ばかり収集して自分の世界を狭くする傾向がある。それに対し新聞は、見出しの大きさや記事の文字量、配列などで社会的ニュース価値を察知し、関心のない情報にも触れ、自然と世界が広がる。

posted at 09:01:27

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

“みんなで読む”ことで、多様な意見が聞け自分の考えが揺さぶられる」と陸奥さん。  ■原点を再認識  コミュニケーション・ツールとして新聞を活用する「まわしよみ」活動が、分野を越えた“人むすび”の手法として全国的に拡大中だ。

posted at 09:01:38

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

まちづくり勉強会や学校の授業のほか、老人ホームの集まりや婚活パーティーなど多様な場でも、本音の交流を促す道具として取り入れられている。  アナログ的手法で誰でも参加できる交流広場づくり。一人はなく、みんなで読むのが新聞の原点だと再認識させられた。

posted at 09:02:14

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

本日10/29(火)の東京新聞さんの「メディア観望」にて「まわしよみ新聞」が取り上げられました!^^ 「大阪メディフェス2013」にご参加いただいた鈴木記者のコラムです。鈴木さん、ありがとうございます~!m(_ _)m www.mawashiyomishinbun.info/archives/1557/

posted at 09:02:32

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「まわしよみ新聞」が密かに影響をうけているのが美術家・藤浩志さんの「かえっこバザール」geco.jp 「かえっこ」を知ったときは衝撃でした。「うわ!すごい!こういうのをやりたい!」と思ってずっと考えていて出てきたのが「まわしよみ新聞」だったりしますw

posted at 09:22:27

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「いつでも、どこでも、だれでもできるコモンズ・デザイン」というのは、まさしく「かえっこバザール」で。「使わないおもちゃ」をリユースしてると思ったんですな。僕のイメージでは「まわしよみ新聞」も「ただ取ってるだけの新聞」ってのが頭の中にありました。それを有効的にリユースしたかった。

posted at 09:27:07

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「美しいまわしよみ新聞」というのがあってもいいのではないか?と考える。テーマは「美」。美しい新聞記事、写真、広告などを切り取り、美しさについて語り、美しくレイアウトして、「美しいまわしよみ新聞」を作る。だれが見ても思わずため息がでるような。そんな企画を誰かやりませんか~??w

posted at 09:39:39

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

@ryoukaku_t ご紹介ありがとうございます~!^^まわしよみ新聞発案者のむつと申しますm(_ _)m また機会があればご参加してみてください!■まわしよみ新聞公式サイト→ www.mawashiyomishinbun.info

posted at 16:26:47

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

@ryoukaku_t 講談師の方なんですね!上方ですが、旭堂南陽さんと連携して「まわしよみ新聞講談」というのをやっています^^ 新聞をみんなで作り、できた新聞を修羅場読みで紹介する・・・といったようなものです。www.mawashiyomishinbun.info/archives/1125/

posted at 16:29:00

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

震災でマスメディアへの信用が大きく損なわれました。誰が一体何の目的で何を伝えようとしているのか?全くわからない。新聞もどう読めば腑に落ちるのか?自分ではわからないから集合知で読み解けるのでは?と思ってまわしよみ新聞の発想が誕生しました。goo.gl/Q7xqHG

posted at 17:00:51

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そういう意味でいえば「まわしよみ新聞」は明らかに震災以後に生まれた新しい市民メディアの動きです。「311」がなければ、ぼくは決して「まわしよみ新聞」をやっていません。www.mawashiyomishinbun.info

posted at 17:01:47

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

@ryoukaku_t 南陽さんとお知り合いでしたか!^^ありがとうございますm(_ _)m 講談と新聞って絶対に相性がいいはずだと思っていて。「まわしよみ新聞講談」は、すごい可能性を感じています。またぜひとも南陽さんに聞いてみてください~^^

posted at 17:29:10

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

マスメディアとソーシャルメディアのあいだを担う「まわしよみ新聞」 mutsu-satoshi.com/2013/10/29/%e3…

posted at 17:56:25

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ただ、注意してほしいのは、マスメディアは信用できない!といって、マスメディアに「怒り」や「憎しみ」や「疑問」をぶつけて思考停止して、わかりやすいアンチの立場をとるのではなく。

posted at 18:01:04

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

むしろ、そういったマスメディアと市民の乖離状況をうまいこと「転用」することで、面白おかしいものに陽転させることで、メディアと市民を新しく結びつけることができるかも?と思ったんですな。

posted at 18:01:16

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

新聞(昔はいたんですな。「市民ケーン」のような「偉大なる新聞社!偉大なる新聞記者!」ってのが)が大衆を啓蒙するような「大新聞時代」はとっくの昔に終わったし、双方向的でソーシャルなインターネットメディアが情報化社会の主流になっていくのもわかります。

posted at 18:01:26

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

しかし、だからといってここまで成長してきた新聞メディアの文化やコンテンツを、一朝一夕で捨て去るにはあまりに拙速で早計すぎる。もったいなさすぎる。

posted at 18:01:46

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

やがて新聞は滅びゆくメディアなのかも知れない。しかし、それを緩やかにソフト・ランディングさせる方法論やアクションが、今後もっと必要になってくるだろうと思います。

posted at 18:01:54

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

これはなにも新聞やマスメディアだけに限ったことではなく、資本主義経済や、原子力発電所や、近代国民国家や、議会制民主主義や、あらゆるものに同じことがいえます。

posted at 18:02:06

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今までぼくらの社会がお世話になってきたものと、世の中のベクトルや方向性、動きはどんどんと乖離していく。

posted at 18:02:17

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

それらを一斉にゴミ箱に入れるのではなく、なるべく何かに使えるのでは?と延命させ、転用して、陽転させて、ゆるやかに旧来型の社会全体を新しい社会の動きに慣れさせて、徐々に変化させていく・・・というのが人類の優しい智慧というもんでしょう。

posted at 18:02:24

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

マスメディアとソーシャルメディアのあいだを担う「まわしよみ新聞」の社会的意義や存在価値とは、そういうところにあります。 ■まわしよみ新聞公式サイト www.mawashiyomishinbun.info

posted at 18:02:30

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「安土宗論」で敗北した日淵が本因坊算砂の師匠と知る。算砂を「名人」と称したのは信長。さらに信長と堺の林利玄と算砂が囲碁を打っていたら不吉な「三劫」になっていまい、利玄と算砂が怖くなって逃げた翌朝、本能寺の変で信長が死ぬ。その棋譜も残っている。すごい話ですな・・・。

posted at 20:24:17


2013年 10月 29日
タグ:
コメントは終了しています。