昨日は、神戸ビエンナーレをさらに盛り上げるために「100人のアーティスト」が集まる会でした

0

昨日は、神戸ビエンナーレをさらに盛り上げるために「100人のアーティスト」が集まる会でした。会への出席者、会の趣旨への賛同者を集めると、その数は111人。神戸を愛する、アートを愛するひとが、ほんまに100人以上も集まりました。まず、このこと自体が驚異的なことですし、すごいことではないか?と思っております。

現場では、ほんまに、いろんな意見が出ました。神戸ビエンナーレをいっぺん休んでみだら?やめてみたら?といったようなシビアで過激なご意見もあれば、もっとエンターテイメント色を強めよう、観光業者と連携して一泊二泊のアートツアーを組んだみたら?もっとホスピタリティ向上に努めよう、神戸市内のギャラリーや劇場などでも何かできないだろうか?といったような建設的な意見まで。参加者もバラエティに富んでいて、神戸の現代アートの大御所の方々から(緊張しましたw)新進気鋭の若手アーティスト、学者、研究者、批評家、メディア関係者、神戸ビエンナーレのディレクター、市民ボランティア、学生さん、近くは大阪や奈良の方、遠くは九州・福岡県の芸術文化財団関係者などもいらっしゃいました。

今回の集まりは、神戸ビエンナーレに対してアンチを叫ぶ反対決起集会ではないですし、しかし、両手を上げて賛成万歳するような集会でもありません。神戸ビエンナーレ、神戸のアートシーンを、さらに盛り上げるためには一体どうすればいいのか?そのために「まず、みんなで集まって、神戸ビエンナーレ、神戸のアートシーンについて、思うところを可視化して、対話をしませんか?」という会でした。この会の趣旨を、皆様にはちゃんと解っていただいてのご意見であり、ご参加だったと思います。ご出席いただいた皆様、そして残念ながらご出席は適いませんでしたがウェブやメールなどで熱いご意見やアンケートをいただいた皆様には、本当に深く感謝しております。ありがとうございました。

さて、今回の皆様の意見を集計して整理して、それを可視化できるようにすると同時に、神戸ビエンナーレ事務局とも会の参加者・賛同者の思いを伝えて、対話を始めたいと思っております。どういう結果になるか?は不明で未知数な部分もありますが、逐一、フェイスブックやウェブ、メールなどでご報告をさせていただきますので。今後とも何卒、宜しくお願いいたします。


2013年 12月 8日
タグ:
コメントは終了しています。