想像の埒外からやってくる言葉の破壊力と創造力

1475984_604709659600199_134123083_n

神戸・灘の古本屋ワールドエンズ・ガーデンさんが年末に「直観讀みブックマーカー」で遊んでくれはったようです。画像はその参加者の方から。「お金とはなにか?」「2014年はこうなる!」なんてことを聞いてみた結果のようですが、ええブックマーカーができてはりますw

「直観讀みブックマーカー」は「いつでも、どこでも、だれでもできるコモンズ・デザイン」によるメディア遊び。「直観讀み」とはぼくの造語ですが、どういうものか?というと「聞きたいこと」などを祈って目を閉じて頁を開き、人差し指で「ここや!」というところを指し示して読むんですな。そして「直観讀みブックマーカー」の場合は、その一文をブックマーカーに書き出します。

要するに、決して意図的に、恣意的に言葉を選ばないということです。あくまでも「直観」によって言葉を抽出する。その結果どういうことが起こるか?というと、ある問いや質問、聞きたいことなどに対して偶然、突然に「ある言葉」が現れてくるわけです。何がでてくるか?どんな一文がでてくるか?それは直観の赴くままですからやってみないと全くわかりません。意味不明な場合も多々ありますが、その「意味不明さ、わからなさを楽しもう」というものです。これは何度も説明してるんですが、いまいちよくわからないらしくて「そんなん面白いんかいな?」と思われるんですが、これがやってみると知恵熱が出そうなぐらい面白いんですなww 想像の埒外からやってくる言葉の破壊力と創造力。これはすごいですよ。言葉自体に宿る力=「言霊」というのはほんまにあるんやなということがヒシヒシと感じられます。

この直観讀みブックマーカーは、オープンフリーソースなんで、以下の公式サイトから栞をダウンロードできます。なんぼでも勝手にダウンロードしてプリントアウト(厚紙印刷推奨)して遊んでみてください!ww

■直観讀みブックマーカー
http://tyokkannyomibookmarker.info/


2014年 1月 2日
タグ:
コメントは終了しています。