観光文化と観光産業

観光というとオリンピックやらカジノやらを誘致することと思ってる人が世の中には非常に多い。それは観光「産業」であって、金儲けの道具に観光を使っているだけで観光の本質ではないわけです。食文化と食産業があるように観光文化と観光産業とがある。そして金儲け主義の大量生産大量消費の食産業(代表例としてはファーストフード)が食文化を破壊しているように、金儲け主義の大量生産大量消費の観光産業(代表例としてはパックツアー)が観光文化を破壊している。哀しいかな。また、そこに危惧を唱える観光家は意外と少ない。もっとそういうことをいう観光家が出てきてもいいように思うんですが…。


2014年 2月 1日
タグ:
コメントは終了しています。