「北九州まなびとESDステーション」(北九州市小倉北区)で「まわしよみ新聞」発行!(編集長:北九州市立大学・二島朋美さん/立命館大学・大坪侑史くん)

北九州市立大学の二島さんと立命館大学の大坪くんが編集長(ファシリテーター)になって「北九州まなびとESDステーション」(北九州市小倉北区)で「まわしよみ新聞」を発行してくれました!学生さんたちが自分たちで企画して、まわしよみ新聞を実施する。嬉しいですなぁ~。ご参加いただいた皆さん、ありがとうございます~!^^

1779804_373738246100642_867352743_n

———————————————

『まわしよみ新聞』というものを使って一緒に新聞を読みませんかー*\(^o^)/*

まわしよみ新聞とは
http://www.mawashiyomishinbun.info/

最近、新聞離れが進んでいます 情報は専らネットから収集することが中心に しかし、ネットでは自分の関心のある情報しか入りにくく 情報が偏りがち・・・ 対して新聞は自分がまったく興味、関心のなかった分野の情報にも触れることができ 自然と世間を広くすることが可能かも知れないのです!ただし、なかなか一人で読もうとしても続かない、面白くない!それならみんなで読んじゃえばいいじゃんてことで「まわしよみ新聞!」みんなで楽しく新聞読んじゃいましょー!

【詳細】
日時:2014年3月7日(木) 13:00~16:30
場所:まなびとESDステーション(小倉北区魚町3丁目3-20 中屋ビル地下1階)
http://manabito.kitakyu-u.ac.jp/facility#map
定員:30名
持ち物:その日の新聞、ワクワクする心
参加費:300円(材料費、ドリンク代)

■プロジェクトスタッフ
・二島朋美(ふたじまともみ)
1992年福岡県宮若市生まれ、宮若育ち。 現在は北九州市立大学地域創生学群の3回生。 大学では猪倉農業関連プロジェクトに所属し、農業、まちづくり、地域活性化について学ぶ。現在は宮若市のまちづくり、活性化に向けた活動を行っている。

・大坪侑史(おおつぼゆうじ)
1993年福岡県生まれ、福岡育ち。現在は立命館大学産業社会学部スポーツ社会専攻の2回生。大学に入ってボランティアに興味を持ち、自らボランティア活動と共に、「他に学生にもボランティアの体験を」と学生ボランティアコーディネーターとして活動、代表を努める。場づくり、まちづくりの活動に関わるなかで自らも学生と地域の人々が交わりわくわく出来るような場づくりを目指す。


2014年 3月 8日
タグ:
コメントは終了しています。