アーカイブ

2021 年 5 月 のアーカイブ

昭和・平成の名曲シリーズ⑪チューリップ『青春の影』。

2021 年 5 月 28 日 Comments off

仕事がキャンセルでなくなると、LINEマンガ(無料)を読み、ギターを弾いて歌う。金がかからない←超大事w

昭和・平成の名曲シリーズ⑪チューリップ『青春の影』。

さすが和製ポール・マッカートニーこと財津和夫。メロディーが素晴らしい。

ビートルズの「The Long And Winding Road」に似とるけど…。


カテゴリー: 雑感 タグ:

まち歩き阪堺線シリーズ(PDF)

2021 年 5 月 20 日 Comments off

phoenix_special_2_02
【ENEOS】ENEOSさんのJXTGエネルギー堺製油所が1974年に創刊した『フェニックス』という月刊地域誌があるのですが、そこで僕は長く、密かに「阪堺電車まち歩き」という連載をしておりました。
https://www.eneos.co.jp/company/about/branch/sakai/local/pdf/phoenix_special_2.pdf

阪堺電車の堺市内エリアを一駅ごとに歩いて周辺の名所・史跡などを案内する…というもので、2012年から6年以上かけて、ちまちまと取材して、2018年に完成し、その記念本が出ました。

これ、正直、なかなか、大変な仕事でw ちょっと堺の人でも知らんような、聞いたことないような、マニアックなネタばっか集めております。いまならもっと深堀できるなぁと個人的には反省もあるんですが、まぁ、過去の仕事は振り返らないw

このたびENEOSさんの公式サイトで全文がPDFでアップロードされたようなのでご紹介。無料でダウンロードできます。素晴らしい。

ほんまは、この本を元に「阪堺電車まち歩き全踏破企画!!!」をやってみたいんですが、できない。「和泉そぞろ」もできない。「泉北ニュータウン大学まち歩き」もできない。コロナ、はよ終わって。ほんま。まぢで( ;∀;)

https://www.eneos.co.jp/company/about/branch/sakai/local/pdf/phoenix_special_2.pdf

phoenix_special_2_05
phoenix_special_2_06
phoenix_special_2_07
phoenix_special_2_08
phoenix_special_2_09
phoenix_special_2_10
phoenix_special_2_11
phoenix_special_2_12
phoenix_special_2_13
phoenix_special_2_14
phoenix_special_2_15
phoenix_special_2_16
phoenix_special_2_17
phoenix_special_2_18
phoenix_special_2_19
phoenix_special_2_21a


カテゴリー: 雑感 タグ:

『地中の羽化、百億の波の果て』拝受

2021 年 5 月 18 日 Comments off

『地中の羽化、百億の波の果て』拝受。

パラパラと目にしましたが、いわき、ヤッチキのリサーチが徹底していて実に細かい。この辺の地に足ついてる感じは江尻 浩二郎さんの影響も感じるw

めっさ読み応えがあります。ええ仕事やなあ。素晴らしい。じっくり読みます。

http://iwaki-shiome.com/885/


http://iwaki-shiome.com/898/


http://iwaki-shiome.com/971/


カテゴリー: 雑感 タグ:

昭和・平成の名曲シリーズ⑩木村弓『いつも何度でも』

2021 年 5 月 17 日 Comments off

昭和・平成の名曲シリーズ⑩木村弓『いつも何度でも』

『鬼滅の刃』は読んでないからようわかりまへんw 『千と千尋の神隠し』はおもろかった。名作。

※今日も明日も仕事(まち歩き)がキャンセルになり、やるせない陸奥はギターを弾いております。


カテゴリー: 雑感 タグ:

叔母(母の姉)の墓

2021 年 5 月 17 日 Comments off

僕の叔母(母の姉)の墓です。清子ちゃん(健生院妙清育徳童女)は生後2ヶ月、ヒサヨちゃん(健生院妙久育徳童女)が生後1歳3ヶ月で夭折しました。

母方(綿野家)の祖母と祖父は、2人の子供を次々と亡くし、心痛から日蓮系在家教団の霊友会に入会。近所の人に霊友会の信者がいたんですな。「あんた、ちゃんと先祖供養してるか?」という霊友会の定番の殺し文句(?)にやられてしまう。

祖母は和歌山の山奥の出身で、使用人に育てられたというぐらいの大地主のお嬢様でしたが、祖父とは戦後、駆け落ち同然で結婚して堺に来ていたので、長く自分の実家の墓参りをしていなかった。そこを突かれたわけです。そして霊友会に入って、すぐに生まれたのが僕の母です。

祖父なども熱心な霊友会信者で、霊友会の「集い」があると、開始時間の1時間前には会場にやってきて最前列で座っていたような人だった。読経の声も大きかったそうで。誰よりも大声。

母は若い頃に霊友会の事務所で働いたことがあり、その時に祖父は「真っ先に会場に来ている人」として霊友会の事務所でも有名人やったそうで、随分と恥ずかしい思いをしたとか。なんとなく僕も真っ先に会場入りしていた祖父の姿は、朧げながらも記憶がある。

そんな祖父、祖母は母(その後、2人の弟も生まれた)が無事に育ったのは霊友会信仰(先祖供養)のおかげと信じ込み、母はだから子供の頃から「あんたは霊友会の子や」といわれて育ち、熱狂的篤信者に。そんな母に育てられた僕が、しかし「3代目の失敗」で、反抗期の頃からアンチ霊友会、反宗教な人間になってしまうw

僕は一族郎党(みんな霊友会信者ですから)を敵に回して、10代後半からは徹底した宗教嫌いからヒューマニティを信じる近代文学にハマり、近代知性の権化、近代理性の信奉者みたいになるんですが、20代、30代と社会に出ると、いろんな挫折や苦労や失敗から丸くなりまして(体形も)。

世の中にでれば自分の知性、理性を超えた何かによって人生が浮舟のように流転するわけで。振り返れば自分の愚かしい、アホらしい、情けない人生を、何とかサバイブさせてきたのは、霊友会信仰(ぼくも12歳ぐらいまでは熱心にお経を読んだり、山に修行いったり、霊友会活動をしてましたから)などを経て、自分の中に血肉化、身体化、内在化されていた直観力やら霊性のようなもののおかげやないか?・・・と思ったりしてます(錯覚もしれませんが)。

実際、いま死生観光とか大阪七墓巡り復活プロジェクトなんてのをやっているのも、こうした僕の生来のスピリチュアリティが作用していて、そのマトリックスは、母→祖父母→夭折した2人の叔母に帰結していく。

綿野家の死と再生の物語なんでしょうな。この2人の叔母の、若すぎる、哀しい死が、自分(や綿野家)のスピリチュアリティの源泉となっている。ナラティブ(物語)が発動して、続いている。

そう考えると、人間は、なかなか、死にません。こうして、死を越えて繋がっていく。南無妙法蓮華経。合掌。

※会ったこともない、夭折した叔母の存在を感じ取れるのも、墓がちゃんと作られたおかげ。死者に向かって合掌できる場(墓)があることは非常にありがたい。スピリチュアル・ケアですな。


カテゴリー: 雑感 タグ:

メロンパンは大まかに分けて2種類ある。メロンの皮に似せたメロンパンと、メロンの味に似せたメロンパンと。

2021 年 5 月 17 日 Comments off

メロンパンは大まかに分けて2種類ある。メロンの皮に似せたメロンパンと、メロンの味に似せたメロンパンと。

メロンの皮に似せたメロンパンは味はそれほどメロンではない。

メロンの味に似せたパンはメロンクリームを入れ込んで、要するにメロンクリームのパンだったりする。

兎角に人の世は住みにくい(漱石)


カテゴリー: 雑感 タグ:

橿原神宮から燈篭奉納の御案内が届く。 本殿外周燈篭の志納料は500万円。

2021 年 5 月 17 日 Comments off
カテゴリー: 雑感 タグ:

「団結」と「勇気」…。「法律」とか「警察」とかのコマはないのか?

2021 年 5 月 16 日 Comments off
カテゴリー: 雑感 タグ:

宗教空間と生活空間

2021 年 5 月 15 日 Comments off

僕は生まれは大阪の住吉であるが、堺の新金岡団地で育った。戦後の団地は地蔵尊や祠などがない。それらを破壊して、団地を作っている。霊的な場がどこにもない。

ただ僕の場合は母方の親戚一同が日蓮系在家教団の霊友会の篤信者(狂信者?)であった。地域や土地には霊的な場はないが、家の中にそういう霊的な場があった。

しかもそれが近い。うちの場合は団地の6畳の子供部屋(僕と弟の部屋)に仏壇があり、毎朝5時には母親が読経していた。僕は毎朝、母親の読経で目を覚ました。朝起きたら、オカンが一心不乱にお題目唱えてるとか、危ないw

いまにして思うと、なかなか特異、異様な環境で、お寺の人でも、ここまで宗教と生活が密接な人はあまりいない気がする。お坊さんは「住職」といい、お寺に住んでいるが、宗教空間と生活空間は大体、分かれている。お寺の本堂で寝起きしている住職はそれほど多くないんちゃうやろか?

こういうのは僕の家だけではなくて、あっちこっちにあった。団地と新宗教は相性がいい。狭い狭い団地で、朝や夕方になると「南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経南無妙法蓮華経…」と独特の調子でお題目が聞こえてくる。大体、そういう家は団地のベランダに公明党のポスターを貼っていたりするw 生活すべてが新宗教の活動とリンクしている。

宗教空間と生活空間が一緒くた。密接。近すぎる。実は、これはなかなか危険なことやないか?という気がしている。

だから、僕みたいな人間(七墓巡りとかやりだすようなw)も出てくるんやないやろか?どうしても僕はやることなすことが宗教臭いというか法華臭いというかカルト臭いw


カテゴリー: 雑感 タグ:

あー。ええっと。要するに「麺を交換した」ってことやんな…?※「わたし(麺)たち、入れ替わってるー?!」案件

2021 年 5 月 15 日 Comments off
カテゴリー: 雑感 タグ: