堺は「湯屋(風呂、銭湯)のまち」

19821004_01b

僕の母方(綿野家)は古くから堺・旧市街地にいた商家ですが、祖父は熊野尋常小学校(現在の熊野小学校)を出ている。熊野と書いて「ゆや」と読む。

かつて界隈に「湯屋(風呂屋)」が沢山あり、湯屋といえば和歌山の「熊野」。これは熊野・湯の峰温泉の小栗判官伝説などの影響でしょうな。それで「熊野」と書いて「湯屋(ゆや)」と読んだそうで。堺の人でないと絶対に読めないw

堺には他にも「塩風呂町」があったし、紀貫之の『土佐日記』にも「しほゆあみ」(塩湯浴み)の場所として堺は記録されている。

堺はだから塩の名産地でもあった。湊塩などは天下一の称号を貰っているし、堺の開口神社のご祭神は塩土老翁神で、塩の爺さん。塩の神様。塩は身を清める。死、ケガレの不浄すら清めることができる。堺は「キヨメ」の人たちがたくさんいただろうし、特殊技能民のまちですな。

堺生まれの行基菩薩も「閼伽井(あかい)」という井戸水を沸かし、病者を治したという。堺(さかい)という地名の由来は「あかい」から来ている説もある。この「閼伽井」も、おそらく塩水ではないか?とも思われる。塩水を沸かすと、血行を促進する効果が凄い。とんでもない。

じつは堺には現役で、塩湯の風呂屋がある。湊潮湯さん。

http://www.eonet.ne.jp/~minatoshioyu/

僕は昔、堺の伝統の塩湯を体験してみたいと思って、わざわざ入りにいったことがある。僕も風呂好きではあるが、血行が良くなりすぎる。あっというまに、のぼせた。その効果に、心底、驚いた経験がある。「行基、恐ろしい子…!(白目)」となった。

お茶を飲むのも、湯上りに飲むのがうまい。バサラ大名の佐々木道誉が闘茶(茶の銘柄を当てる。ギャンブル)に興じていた絵図が残っているが、それは茶亭の真ん中に風呂がある。風呂に入り、汗を流し、そして茶を飲んだ。

茶がうまいのは風呂上り。堺は茶のまちで有名だが、じつは「風呂のまち」で有名だった。このへん、もうちょっと、着目されてもいい。堺は茶で、風呂で、まちおこしをすればいい。だから、もっと堺は、歌垣風呂をやるべきw

風呂に入ることは、湯に入ることは、医療行為であり、宗教行為であり、救済だった。文字通り、極楽ですからな。『温室経』というお経まである。正式には『仏説温室洗浴衆僧経』。

風呂のまち・堺では死者供養として「施浴」が行われていた。記録では昭和52年(1977)頃にも実施されていたという。死者を供養するために、お世話にあった方々に、近所の風呂屋を借りて、風呂を施す。近隣の人も入りにきていいという。死者を知らない人でも、無関係の人でも、他者でも、ぜひ風呂に入ってくださいと案内されたという。

素晴らしい。コモンズですな。無縁大慈悲。

19821004_01c


2021年 5月 5日
タグ:
コメントは終了しています。