数理

陰陽説、三才観、三陰三陽論、四柱推命、四大元素説、五行、六壬神課、八卦、九星、十干、十二支。

占いというのは結局のところ、複雑怪奇な人間社会を「数理」で解き明かそうとした分類学の一種だといえます。最初は二元論からスタートして、やがてパターンが増えていったんでしょう。


2008年 8月 16日
タグ:
コメントは終了しています。