大坂→大阪(大坂の没落・大阪への願い)

一番古い大阪燈籠・住吉大社_01a
大阪には「いつから大坂ではなくて大阪が使われるようになったのか?」という、どうでもいい人にはどうでもいい問題がありw 

江戸時代は「大坂」で、明治時代から「大阪」になったというのが通説ではあるが、調べてみると江戸時代から「大阪」は使われだしている。

わかりやすいのが住吉大社にある大阪庭構中の燈籠が「大坂」ではなくて「大阪」を使っている。これが天明6年(1786)のもの。大阪を使った石造物では最古級のものだと思われる。

これは巷間よくいわれることだが、大坂の「土」(つちへん)は「土に返る」という意味があり、大阪の「⻖」(こざとへん)は「土を盛る」といった意味がある。元禄期の大坂の繁栄は淀屋闕所や宝永大地震(東南海大地震)で停滞し、紀州・徳川吉宗の江戸入城もあって、上方文化が江戸に移っていく。そうした影響で天明期の大坂は確かに没落していた。「大阪」という文字を使いだすのも、そういう「かつての栄光再び」の願掛けが込められている。

歴史的には天明以後に化政文化(1804~1830)時代がやってくるが、これも江戸が中心。かつての元禄文化(1688~1704)は大坂・上方が舞台であったが、大坂の化政文化期は残念ながら元禄文化期ほどの輝きはない(細かく見ていくと素晴らしい芸術や学問分野での進歩、業績はあるのだが…)。

結果、18世紀以降、大坂は長期的に下降気味で、幕末からどんどんと時代が進むに連れて「大阪」の文字使用も増えていく。そして明治以降、「大阪」が決定的になる。

「大坂→大阪」になったように「大阪没落」というのは、ここ数年の話ではなくて。長い長い歴史的なスパン、流れがある。だから、その歯止めは、なかなか難しい。一朝一夕ではないということです。


コメントは受け付けていません。
2021年 9月 16日
タグ:

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021動画集(http://wp.me/pxlkK-2l7)

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021動画集
http://wp.me/pxlkK-2l7

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021①梅田墓地跡
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/372318840932935

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021②梅田・阪急三番街・北向地蔵尊・地蔵横丁
https://youtu.be/UN4YKJPvkTo
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/581289992881694

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021③源光寺・南濱墓地
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/213861814007817

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021④沖向地蔵・葭原墓地跡
https://youtu.be/vwmjf8LFiCM
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/824421771769380

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021⑤京橋・蒲生墓地
https://youtu.be/Mf4TNObe6jI
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/362026932137461

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021⑥京橋空襲慰霊碑
https://youtu.be/k9moLEfptHc
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/856172051667812

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021⑦大阪城天守閣・帝国陸軍第四師団司令部跡
https://youtu.be/MCNmwHmUWuE
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/1214027815688663

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021⑧真田山陸軍墓地
https://youtu.be/eHuNUG07olo
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/213768330687458

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021⑨小橋墓地跡・東高津公園・延命地蔵尊・伝光寺跡・梅川忠平衛比翼塚
https://youtu.be/H49o91plbao
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/310309894166305

■大阪七墓巡り復活プロジェクト20211⑩浮世小路・法善寺(千日墓地跡)
https://youtu.be/JreGlj4DFo0
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/531016148161819

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021⑪榎龍王・榎地蔵尊・三津寺墓地(千日墓地跡)
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/187778650081651

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021⑫太子墓地跡
https://youtu.be/cLQ9TRZfxps
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/522344862147257

■大阪七墓巡り復活プロジェクト2021⑬阿倍野墓地
https://youtu.be/N9i0wFOnHKU
https://www.facebook.com/osaka7haka/videos/602353487591253


コメントは受け付けていません。
2021年 8月 16日
タグ:

泉北ニュータウンと旧村エリアを歩いて

senboku_koremade_01

堺市の資料から。泉北ニュータウンの将来人口予測。

1990年代は16万人が、いまは11万人。これが2030年には10万人を切り、2045年には5万8000人。高齢者比率は54%。老人、高齢者だらけのニュータウンになる。ニュータウンという名のオールドタウン。冗談みたいなほんとの話。

泉北ニュータウンは「田園都市構想」のある種の理想形、完成形のはずだった。しかし、経緯を見ていると、残念ながら、100年持たなかった。人間の営みの場として、サスティナブルではなかった。対して旧村エリアを歩くと、300年、400年の歴史を有する旧村も多い。人間の営みが定着している。少なくともニュータウンよりは長持ちしているように思う。

泉北まち歩きでニュータウンと旧村を交互に歩くと(そういうルートにしている)、それぞれの場の構造の違いがよくわかる。まずニュータウンは車中心主義で、歩く構造になってない。旧村は車では移動しづらい。曲がりくねった道、細道が多い。車がない、人(徒歩移動)が中心の時代に作られたから、当然、そうなる。

旧村エリアの曲がりくねった道や細道を歩いていて気付くのは、地蔵さんや稲荷神、道祖神、よくわからない石像などがゴロゴロあること。泉北はだんじり小屋なども多い。歩いていて、そちこちに、そうした信仰の痕跡、宗教性、スピリチュアリティを感じる。こうした信仰、宗教性がニュータウンにはない。まったく、ない。

ニュータウンは「便利」を基軸に作れられた。「駅から徒歩〇分」にスーパーがあり、病院があり、公園があり、学校があり、家がある。生活に便利で、効率よく、必要な施設が、配置される。

しかし、その必要の中に、どうも「宗教」はなかった。地蔵や稲荷、道祖神、寺社仏閣などは前近代的なもので、非合理で、不条理で、なくてもいいもの。近代都市の計画者の頭の中には、こうした宗教的な事柄は人間の営みに必要なものとして認知されなかったらしい。だから近代の都市計画に、地蔵や稲荷などは配置されない。(※正確には戦後の都市計画にない。戦前にはあった。戦前に作られた大阪・下寺住宅=軍艦アパートには、地蔵や稲荷が配置され、建て替えられた今も団地の一角に地蔵や稲荷が残って祀られている)。

本来、そうした宗教的なものには「祭礼」が付随する。地蔵があれば地蔵盆ができるし、寺社仏閣の春祭、夏祭、秋祭には、だんじりなども曳かれる。神輿も担がれる。なんで、そんなことをするのか?やっているのか?よくわからない、前近代的で、非合理で、不条理なものだが、それがあるがゆえに、場(旧村)に物語が生まれ、地元や地域を意識して、「ふるさと化」していく。自分の人生と場がミクスチャーされていく。

経済的合理性は「代替可能なもの」ということです。「駅から徒歩10分のスーパー」は「駅から徒歩5分のスーパー」に勝てない。「便利」を基軸にした設計では、より便利なものに、あっというまに取って代わられる。ニュータウンの人口が減っていくのは、「便利」を基軸に作られたから。ニュータウンよりも「より便利な場」があれば、当然、人はそちらに移ることになる。

不条理で、非合理で、意味不明な祭は「代替不可能なもの」で。「だんじりを曳く」「神輿を担ぐ」「盆踊りを踊る」といった体験は、他の体験に置き換えられない。そこでしか、できない。そこでしか味わえないから、その場から離れない。そういう場の経験があるから、ニュータウンは100年持たないのに、旧村は100年200年300年と続いていったりする。

「祭礼の日には逃亡中の指名手配犯も帰ってくる」というのは、日本全国各地にある都市伝説の類ですが、宗教や祭事という非合理で不条理で非言語的で説明がつかないものこそが、人間存在の核の部分を担っていたりする。それがないと、人間は、生きているとはいえない。生きていることは論理、近代的知性を超える。

ポスト・モダンの、サステイナブルなニュータウンがあるとすれば、まず神さま、仏さまを勧請する。地蔵を作る。稲荷を作る。祭(※)を作る。そういう知恵がいるのかも知れない。

「不条理を設計せよ」とかいうと、パラドックスやなぁw

※ニュータウンではイベントは多い。しかし祭礼はない。祭礼の中心には神さま、仏さま、死者、祖霊がいる。イベントにはそんな存在が中心にはない。イベントの中心にあるものは「資本」や「集客」であり、結局「経済的合理性」といえます。


コメントは受け付けていません。
2021年 8月 1日
タグ:

まち歩き阪堺線シリーズ(PDF)

phoenix_special_2_02
【ENEOS】ENEOSさんのJXTGエネルギー堺製油所が1974年に創刊した『フェニックス』という月刊地域誌があるのですが、そこで僕は長く、密かに「阪堺電車まち歩き」という連載をしておりました。
https://www.eneos.co.jp/company/about/branch/sakai/local/pdf/phoenix_special_2.pdf

阪堺電車の堺市内エリアを一駅ごとに歩いて周辺の名所・史跡などを案内する…というもので、2012年から6年以上かけて、ちまちまと取材して、2018年に完成し、その記念本が出ました。

これ、正直、なかなか、大変な仕事でw ちょっと堺の人でも知らんような、聞いたことないような、マニアックなネタばっか集めております。いまならもっと深堀できるなぁと個人的には反省もあるんですが、まぁ、過去の仕事は振り返らないw

このたびENEOSさんの公式サイトで全文がPDFでアップロードされたようなのでご紹介。無料でダウンロードできます。素晴らしい。

ほんまは、この本を元に「阪堺電車まち歩き全踏破企画!!!」をやってみたいんですが、できない。「和泉そぞろ」もできない。「泉北ニュータウン大学まち歩き」もできない。コロナ、はよ終わって。ほんま。まぢで( ;∀;)

https://www.eneos.co.jp/company/about/branch/sakai/local/pdf/phoenix_special_2.pdf

phoenix_special_2_05
phoenix_special_2_06
phoenix_special_2_07
phoenix_special_2_08
phoenix_special_2_09
phoenix_special_2_10
phoenix_special_2_11
phoenix_special_2_12
phoenix_special_2_13
phoenix_special_2_14
phoenix_special_2_15
phoenix_special_2_16
phoenix_special_2_17
phoenix_special_2_18
phoenix_special_2_19
phoenix_special_2_21a


コメントは受け付けていません。
2021年 5月 20日
タグ:

堺は「湯屋(風呂、銭湯)のまち」

19821004_01b

僕の母方(綿野家)は古くから堺・旧市街地にいた商家ですが、祖父は熊野尋常小学校(現在の熊野小学校)を出ている。熊野と書いて「ゆや」と読む。

かつて界隈に「湯屋(風呂屋)」が沢山あり、湯屋といえば和歌山の「熊野」。これは熊野・湯の峰温泉の小栗判官伝説などの影響でしょうな。それで「熊野」と書いて「湯屋(ゆや)」と読んだそうで。堺の人でないと絶対に読めないw

堺には他にも「塩風呂町」があったし、紀貫之の『土佐日記』にも「しほゆあみ」(塩湯浴み)の場所として堺は記録されている。

堺はだから塩の名産地でもあった。湊塩などは天下一の称号を貰っているし、堺の開口神社のご祭神は塩土老翁神で、塩の爺さん。塩の神様。塩は身を清める。死、ケガレの不浄すら清めることができる。堺は「キヨメ」の人たちがたくさんいただろうし、特殊技能民のまちですな。

堺生まれの行基菩薩も「閼伽井(あかい)」という井戸水を沸かし、病者を治したという。堺(さかい)という地名の由来は「あかい」から来ている説もある。この「閼伽井」も、おそらく塩水ではないか?とも思われる。塩水を沸かすと、血行を促進する効果が凄い。とんでもない。

じつは堺には現役で、塩湯の風呂屋がある。湊潮湯さん。

http://www.eonet.ne.jp/~minatoshioyu/

僕は昔、堺の伝統の塩湯を体験してみたいと思って、わざわざ入りにいったことがある。僕も風呂好きではあるが、血行が良くなりすぎる。あっというまに、のぼせた。その効果に、心底、驚いた経験がある。「行基、恐ろしい子…!(白目)」となった。

お茶を飲むのも、湯上りに飲むのがうまい。バサラ大名の佐々木道誉が闘茶(茶の銘柄を当てる。ギャンブル)に興じていた絵図が残っているが、それは茶亭の真ん中に風呂がある。風呂に入り、汗を流し、そして茶を飲んだ。

茶がうまいのは風呂上り。堺は茶のまちで有名だが、じつは「風呂のまち」で有名だった。このへん、もうちょっと、着目されてもいい。堺は茶で、風呂で、まちおこしをすればいい。だから、もっと堺は、歌垣風呂をやるべきw

風呂に入ることは、湯に入ることは、医療行為であり、宗教行為であり、救済だった。文字通り、極楽ですからな。『温室経』というお経まである。正式には『仏説温室洗浴衆僧経』。

風呂のまち・堺では死者供養として「施浴」が行われていた。記録では昭和52年(1977)頃にも実施されていたという。死者を供養するために、お世話にあった方々に、近所の風呂屋を借りて、風呂を施す。近隣の人も入りにきていいという。死者を知らない人でも、無関係の人でも、他者でも、ぜひ風呂に入ってくださいと案内されたという。

素晴らしい。コモンズですな。無縁大慈悲。

19821004_01c


コメントは受け付けていません。
2021年 5月 5日
タグ:

大阪府立農学校跡と宮澤賢治

169151543_5346583035412814_7182806731954797933_n
生野区民センター前にある大阪府立農学校跡。近代農業の最先端を学ぶ施設であった。これが出来たことが猪飼野、生野区発展のキッカケ。

この農学校がのちに堺・大仙に移転して、戦後は大阪府立大学となる。府大は、だから伝統的に農学部が強い。いまは農学からバイオサイエンスや生命環境となっているが。

大阪市立大学は大阪商業講習所が源流なので、商学系が強くて、だから市大と府大は性格、性質、方向性がまるで違う。合体して大阪公立大学とやらになるそうですが、持ち味が反目しあって、共倒れするんやないか?という気がしてなりませんな。よくある話やけどもw

この大阪府立農学校には、実は、あの宮沢賢治が若き頃に訪れている。盛岡高等農林学校(現・岩手大学農学部)の修学旅行で訪問したが、農学校はなぜか休校中(訪問する前に確認しーやw)で中の視察はできず、近隣の養鶏場を見学して帰ったとか。賢治は大阪府立農学校の周りをグルグルして、学校の近代的設備の素晴らしさを羨ましがっていたとか。

やがて人類は人工太陽すら創造し、人工降雨を実現させ、年がら年中、田畑は潤い、飢えや貧困がなくなり、この世はイーハトーブ(理想郷)となる…という近代ロマンの夢に邁進した法華主義者こそが宮沢賢治。

その夢の始源を、この当時最先端の大阪府立農学校に見たのかもしれない。


コメントは受け付けていません。
2021年 4月 6日
タグ:

【和泉そぞろ】和泉のまち歩きプロジェクト「和泉そぞろ」のマップがお披露目になりました!以下からダウンロード可能です。

【和泉そぞろ】和泉のまち歩きプロジェクト「和泉そぞろ」のマップがお披露目になりました!以下からダウンロード可能です。
https://is.gd/vs10bu

プロデューサーは陸奥賢。コーディネイターは宝楽陸寛大先生。協力がいずみ市民大学の観光おもてなし学科の受講生のみなさんです。

市民大学、社会人大学では僕は常々、まち歩きスゴロクの制作やまち歩きマップの制作をやってましたが、それらはあくまでも学習成果のものとして世間一般に向けて公表する形ではなかったんですが「折角なら、ちゃんとした成果物(まち歩きマップ)を作ろう!」ということで編集しました。いやぁ、素晴らしいマップになりました。自画自賛w

まち歩きイベントも実施する予定です。乞うご期待ください!^^
https://is.gd/vs10bu

①『和泉に眠る幻の武家屋敷「伯太藩陣屋跡」を訪ねて』
https://satomachi-izumi.com/wp-content/uploads/e0a5ebe51d85ede971ad3fe346fa03f9.pdf

②『和泉府中を彩る伝説の女傑たち』
https://satomachi-izumi.com/wp-content/uploads/e72a2997f9d9dedb4d1f1d4a17f14e09.pdf

③『和泉の文化芸術の殿堂!久保惣記念美術館へ』
https://satomachi-izumi.com/wp-content/uploads/8b6026f4a2357ee5149d7a36c3bc5f10.pdf


コメントは受け付けていません。
2021年 3月 18日
タグ:

まわしよみムー、はじめてみます

まわしよみムー、はじめてみます。

facebookページはこちら。
https://www.facebook.com/mawashiyomimu/

——————————

【いま、なぜ、まわしよみムーなのか?】

世界中に蔓延する新型コロナ・ウィルス。日々、増加する患者数や死者数に日常生活は脅かされ、医療切迫や医療崩壊を防ぐために政府主導で都市封鎖やロックダウンを行い、社会機能が停止、休止せざるを得ないという都市や国家も数多く出ています。

他者との交流、コミュニケーションを絶たれた人間ほど弱く、脆い存在はありません。外出禁止、飲食禁止、イベント禁止、文化芸術活動禁止、会話禁止…といった制約はかつてないストレスを生み出し、精神的な不調を来す人も少なくないとか。

孤立した状況下で迎えるパンデミック(感染症の世界的大流行)はネット依存を増やし、しかしネットは「フィルターバブル」(検索やサイト履歴などでユーザーに最適化された情報だけを提示する=未知、新しい情報が手に入らない)や「エコーチェンバー」(同じ情報、思想、思考の発信者とだけ連携する=他者を排除する)を起こしやすい情報ツールであることから、アクセス数を稼ぐために平気でデマ、ウソ、カルトを垂れ流す煽情的なフェイクニュースや炎上系のモンスター・インフルエンサーに感化されてしまい、インフォデミック(デマや偽情報の氾濫によって起こる社会動乱)的な状況も世界各地で起こっています。

そして、こういうインフォデミックの時代…何がホンモノで、何がニセモノか?よくわからない「不透明な時代」にあるからでこそ、『月刊ムー』を回し読むべきではないか?と主宰者の陸奥賢は思ったわけです(いきなり。また例の直観)。

1979年発刊。日本最古にして最長のオカルト雑誌で、キャッチコピーは「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」こと『月刊ムー』を読んでいると、なぜか、ほっとします。ツッコミどころ満載です。「コロナはただの風邪!」「アメリカ大統領選挙は不正だ!」程度のデマやウソやフェイクニュースなどどうでもよくなってきます。

…というわけで「まわしよみムー」、やってみたいと思います。参加者募集中!


コメントは受け付けていません。
2021年 2月 22日
タグ:

生涯学習は協働教育

生涯学習系の講師の仕事が多い。受講生は10代、20代から80代、90代まで、本当に幅広い。それがこの仕事の面白いところでもある。

幅広い年代が集まるだけに、やれること、やれないこと、できること、できないこと、知ってること、知らないこと、得意なこと、苦手なことは受講生によって千差万別。

講師としては、どこに学習のレベルをあわせるか?がなかなか悩ましい。「できる人」「わかる人」「やれる人」だけを集めるのは、ある意味、ビジネスセミナー的な発想で、それを生涯学習の現場に持ち込んでも難しい。破綻する。

大体、生涯学習は国や市町村といった官のバックアップが多い。「公金」でやっているのだから、当然、「公精神」が必要で、だから結局「護送船団方式」にならざるを得ない。もっとも「できない人」「やれない人」「わからない人」を基準に学習プランを考える。

そういうのが物足りないといって、途中で抜けていく受講生も中にはいる。ここは、しかし生涯学習の成り立ち、公精神を尊重する立場を踏まえて、できることであれば、あなたの知識や得意なこと、できることを、あなたの隣のできない人、わからない人、やれない人に、ぜひともシェア、贈与して欲しいと思う。

そもそも生涯学習のような現場で、受講生を、他者を、出し抜く必要などない。あなたの知識や知恵や得意なことを、他者に、社会還元する場だという意識を持って欲しい。

なぜ、そんなに他者より上に立ちたがろうとするのか?といえば、どうもビジネスマインドや偏差値テストのような感覚から抜け出ていない人が多い。

生涯学習の場で、そんな他者と比べるようなことはしない。僕はテストもしない。やらない。個々の成績などみない。必要ない。受講生全体として、他者と助け合い、手伝い、分かち合い、何がなせるか?何をなしたか?が最も重要だと僕は考えている。

要するに生涯学習の現場は「みんなで作って、みんなで味わう料理教室」のようなもので「協働教育」ということです。あなたのための場ではない。みんなのための場です。

世の中にはいろんな人がいる。そういう他者とどうやって折り合いをつけて、全体の知のボトムアップ、社会知をあげていくためにはどうすればいいか?

そういう教育実践が生涯学習だろうと思ってます。

———————————

※こういう協働教育は、しかし、実は生涯学習ではなくて、こどもたち…小中高の時代に最も必要ではないか?と思ってますがね。

常に他者と比べられて、他者より上に立つことを求められて、偏差値で格付けチェックされたりするのは、どうなのか?

こどもの自尊心は傷つくか?歪むか?のどっちかちゃうか?知らんけどw


コメントは受け付けていません。
2021年 1月 22日
タグ:

神戸八社巡り2021動画集

■オンライン配信「1/16実施・阪神淡路大震災復興&コロナ鎮静祈願まち歩き・神戸八社代参巡礼」

https://www.facebook.com/events/405840554025052

■一宮神社・神戸ユダヤ共同体(神戸ジューコム)跡地

https://www.facebook.com/mutsusatoshi/videos/4976665929071195

■二宮神社

https://www.facebook.com/mutsusatoshi/videos/4976819125722542

■東遊園地・慰霊と復興のモニュメント・1.17希望の灯り

https://www.facebook.com/mutsusatoshi/videos/4976939989043789

■三宮神社・神戸事件

https://www.facebook.com/mutsusatoshi/videos/4977029335701521

■四宮神社

https://www.facebook.com/mutsusatoshi/videos/4977174049020383

■五宮神社

https://www.facebook.com/mutsusatoshi/videos/4977290539008734

■六宮神社・八宮神社

https://www.facebook.com/mutsusatoshi/videos/4977388548998933

■湊川神社

https://www.facebook.com/mutsusatoshi/videos/4977510998986688

■七宮神社

https://www.facebook.com/mutsusatoshi/videos/4977650855639369/


コメントは受け付けていません。
2021年 1月 17日
タグ: