■当事者研究スゴロクについて

2017 年 3 月 20 日 Comments off

当事者研究スゴロクについて

■当事者研究スゴロクについて
2017/3/20 陸奥 賢 記

【当事者研究について】
当事者研究スゴロクの「当事者研究」とは、北海道浦河町にある「べてるの家」と「浦河赤十字病院精神科」ではじまったアセスメントとリハビリテーションのプログラムである。精神障害当事者の幻聴や幻覚は「治さないといけない病気」ではなくて「その人なりの自助」であると捉えるところに特徴がある。そして、それらを開示し、仲間や関係者と一緒に考えて、さらに「その人なりの生きやすい自助」のパターンを見つけようとする研究のことを指す。

もう少し具体的な研究の一例を挙げれば、べてるの家では精神障害当事者の若者Aが来て、幻聴に苦しんでいるとすると、その幻聴を「幻聴さん」と擬人化して客人のように扱う。そして幻聴が聞こえたとなると、その場にいる精神障害の当事者全員で、その場には見えない幻聴さんに向かって話かけていく。

若者A「最近、また幻聴さんがひどいんです」
当事者B「いま幻聴さん、何ていってるの?」
若者A「Kくんを殴れと幻聴さんはいってます」
当事者C「Kくんはなにも悪いことしてないよ」
当事者D「そんなことしたらダメだと幻聴さんにいってあげて」
若者A「幻聴さん、Kくんはなにも悪いことをしてません。だからぼくは殴れません」

このような幻聴さんとのやり取りが全員で続けられていく。そうすると、幻聴自身はなくならないが、いつのまにか幻聴さんの言葉の中身が変わってくるという不思議な現象が起きるという。つまり幻聴さんは来るが若者Aに対して「最近、がんばってるなぁ」「このあいだはよかったぞ」などと優しい幻聴さんになり、結果として若者は暴れなくなる。

これは幻聴という病状がなくなったわけではないので、医学的な「治療」ではない。依然として幻聴は聞こえ続ける。しかし、暴力的、自虐的な幻聴を、みんなで幻聴さんとして迎え入れると、なぜか優しい幻聴さんになってくる。べてるの家の独特の言葉で表現すると、これは「幻聴さんと友達になった」という状況を指す。こういった自分の病気やダメとされる部分…「弱さ」を治そうとするのではなくて、その「弱さ」を受け入れて抱えたまま、みんなで活かしていくことを当事者研究という。

当事者研究スゴロクは、この精神障害の現場で発生した当事者研究という考え方や思想に共感、インスパイアされて作られた人生スゴロクである。

【当事者研究スゴロク】

https://tk-sugoroku.jimdo.com/

※上記、サイトにてダウンロードが可能。

【当事者研究スゴロクの遊び方】
※用意するもの:当事者研究スゴロク、メモ、ペン、コマ、サイコロ

①基本は4名で1グループを作る。2名でも6名でも遊べるが推奨は4名。人数が多いときはチームをわけて実施する。

②自分の人生を振り返り、過去に経験した「失敗・挫折・苦労」のエピソードをメモに書いていく。ひとり何個でも構わない。「トラウマを泣きながら吐露する」といったものではないので、自分が冷静となって、書ける範囲、話せる範囲のエピソードで留めること。※ちなみに、このエピソードには「テーマ」を決めてもいい。例えば「恋愛(にまつわる苦労、失敗、挫折)」「就職」「家族」「上司」「お金」「介護」「DV」「LGBT」など。

③メモをお互いに見せあって、どんな苦労・失敗・挫折であったのか?詳しい内容を話し合う。

④メモ(エピソード)を一文にまとめて、四角い白枠に書きこんでいく。書きこむ白枠は全部で8枠あるので、4人1グループでやっているさいは、参加者ひとりにつき、2枠(2つのエピソード)を書きこむ。

⑤失敗・挫折・苦労のエピソードの「稀少レベル」を全員で6段階で評価する。よくある失敗、挫折、苦労のエピソードなどは「1コマ」となり、すごい衝撃(レアで稀な苦労、失敗、挫折)のエピソードなどは「6コマ」となる。聞いたことのない失敗、とんでもない挫折、想像を絶する苦労であればあるほど、高く評価される。コマ数を決めたら白枠の下にある「○コマすすむ」の中に数字を書きこむ。

⑥ようやく当事者研究スゴロクが完成。いよいよスゴロクで遊ぶ。4人分のコマをスタート地点に並べて、サイコロを振って、スゴロクをスタートする。

⑦最初の1コマから6コマは「自己病名」をつける。スゴロクの右欄にある「みんなの自己病名枠」に書きこむ。この自己病名とは医者がつける「統合失調症」や「双極性障害」といった医学的な病名ではなく、自分が現在、感じている苦労、失敗、挫折を織り込んだ自己流の病名のことである。※例:「問題先送り症候群」「なんちゃって優等生病」「すべてにおいて上の空シンドローム」など。

⑧「幻聴さんがやってきた!」のコマは「もしあなたに幻聴さんがやってきたら、いま、なんていっていますか?」という意味の問いであり、その答えを考えて「ふきだしの枠」の記載する。

⑨「今晩、イクメさんが来るよ」のコマは、あなたの言いたい本音が顔にイタズラ書きされるという幻視(イクメさんの仕業とべてるでは表現する)であり、自分にもイクメさんが来ると想像して、顔にかかれる「言葉」や「絵」をコマに記載する。

⑩「格言コマ」は読み上げる。この格言には当事者研究のエッセンスが込められている。

⑪全員のコマがゴールをすれば、終了。

※最初はなかなか「失敗、苦労、挫折のエピソードを書いて」といっても書きにくい。「初対面なので緊張する」という場合もあるし、「知り合いがいるので書きにくい」という場合もある。そのさいは失敗、苦労、挫折のエピソードを書くメモを匿名で書くとしても良い。そのさいは誰かひとりが進行役となって、メモを集めて、ひとつひとつ発表していく。いろんなエピソードを読みあげて、みんなで感想や意見を言い合う。このさいに「じつはそのエピソードは私です」と名乗り出たい人は、名乗りでてもいいとする。名乗り出た場合は、より詳細なエピソードが聞きだせる。匿名バージョンの当事者研究スゴロクの場合は、本人の自由意思を尊重して「このエピソードは誰ですか?」と詮索するのはやめましょう。

【当事者研究スゴロクの効果・ねらい】
①過去にあった人生スゴロクの大部分が「上昇していく生き方」を目指すが、当事者研究スゴロクは「下降していく生き方」こそが人生の醍醐味であると捉え、衝撃的な失敗、苦労、挫折の持ち主を「人生の偉大なる先達」「下降人生の達人」として褒め称える。

②失敗・挫折・苦労エピソードを話すが、その「稀少レベル」「衝撃レベル」をみんなで評価することで、自分の失敗、挫折、苦労を「大変だと思ってたけど3コマぐらいなんだ…(自分の失敗や苦労や挫折なんてまだまだである)」とか「6コマレベルですごいといわれた!(失敗のエピソードだが、人生の達人と褒められた。嬉しい)」といったように相対化できる。

③当事者研究スゴロクを体験すると、いざ人生の失敗、苦労、挫折が起きた時に「これで、いいスゴロクコマのネタができた…」と考えることもできる。失敗や苦労、挫折の経験を「スゴロクのコマ」というものに「外在化」して切り離すことに成功しているわけで、痛みやショックを和らげることができる。

④やればやるほど「6コマレベル」を目指したくなるので、どんどんとみんなが、より衝撃の失敗・挫折・苦労エピソードを語りだす。「弱さの情報公開」が進むわけだが、「Aくんはそういうところがある」「Bさんてそういう人間なんや」とその周知や理解が生きやすさに繋がっていく。

⑤医療の現場で誕生した、高度で専門的な「当事者研究」であるが、それを全く知らない人間でも気軽に楽しめる、アイスブレイク的なコミュニケーション・ツールである。

⑥大阪は商人のまちだが、商いは「自分はこれはできないが、これはできる」と「弱さの情報公開」をして、腹を割って話をしないと先に進まない。「できるというので、やらせてみたができませんでした。逃げました」といったように「武士は食わねど高楊枝」と自分の実力を大きくいう見栄っぱりな人間は嫌われる。しかし、自分の弱さを情報公開するのはなかなか難しい。そこで「笑い」によって、それを自然に成し遂げる。「大阪人の笑い」というのは基本的に「自分の失敗話」であり、Aくんが「最近、こんな失敗したんや」と話をすると、それをうけてBくんは「お前、アホやなぁ!おれは、このあいだこんなことあったわ」と話す内容は、Aくんよりもさらに酷い失敗話を繰り広げる。そうやって「笑い」でオブラートに包みながら、自分の弱さを徐々に情報公開しながら、相手の弱さの情報公開を聞き出して、「ぼくはこんなダメな人間ですが、よろしければお付き合いください」「いえいえ。ぼくこそ、こんなにダメな人間ですが、よろしくおつきあいください」と弱さを基軸に社交していく。当事者研究スゴロクをやっていると、自然と、こうした「大阪的笑いのコミュニケーション」が獲得できる。

⑦日本では「世間さま、他人さまに迷惑をかけてはいけない」といって育てられるが、インドでは「人間はカンペキな存在ではない。自分は絶対に他人に迷惑をかける。だから他人に迷惑をかけられても文句はいわないで助けてやれ」と育てられるという。人間は弱い生き物で、変でダメな存在だが、それは「お互いさま」であり、だから「許しあおう」「助け合おう」という思想が広まる。「迷惑をかけるな」という社会からは、寛容性がなくなっていき、その結果、どんどんと「生きづらい社会」になっていく。誰もが互いに弱さを認め合える社会こそが、多様な生き方を肯定できる社会につながっていくのではないか?当事者研究スゴロクには、そうした思想が込められている。

当事者研究スゴロクについて_01

当事者研究スゴロクについて_02

当事者研究スゴロクについて_03

当事者研究スゴロクについて_04

当事者研究スゴロクについて_05




カテゴリー: 雑感 タグ:

【富山県】chinese chat toyamaさんの投稿より!^ ^ 中国語でまわしよみ新聞ですw ありがとうございます〜!m(_ _)m

2017 年 3 月 17 日 Comments off

【富山県】chinese chat toyamaさんの投稿より!^ ^ 中国語でまわしよみ新聞ですw ありがとうございます〜!m(_ _)m

——————————————–

【活動報告】本日3月のchinese chatを開催しました。初級クラスは新聞を使ったワーク。今日はクルン高岡でウイスキーの試飲会やウィングウィング高岡では法隆寺の釈迦三尊像を再現した像が公開されていたこともあり、その話題で盛り上がりました(*^-^*)次回は4月16日(日)です!皆さんのお越しをお待ちしています(・∀・) #まわしよみ新聞 #中国語 #高岡 #クルン高岡 #Chinesechat


カテゴリー: 雑感 タグ:

【学研】学研さんがインタビュー取材。『学研・進学情報』でまわしよみ新聞が4ページにわたって特集紹介されるそうです。ほんまにありがたいことですm(_ _)m

2017 年 3 月 17 日 Comments off

学研さんがインタビュー取材。『学研・進学情報』でまわしよみ新聞が4ページにわたって特集紹介されるそうです。ほんまにありがたいことですm(_ _)m

祝いで「釜ヶ崎の伝説の喫茶店っぽい何か。earth(明日がないのに)」なテラカワダイチ店長オススメのカスうどん屋へ。美味。

あと2012年9月29日発行の記念すべき「まわしよみ新聞第1号」を見る。貴重。懐かしいww


カテゴリー: 雑感 タグ:

花園町まち歩き。塩崎おとぎ紙芝居博物館。懐かしい。

2017 年 3 月 17 日 Comments off
カテゴリー: 雑感 タグ:

【宮城県】3/18は福岡県・西日本新聞社さんで「全国まわしよみ新聞サミット」なんですが、仙台にいる河北新報社の畠山さんや愛媛新聞社の秀野さんとスカイプ通信で一緒にまわしよみ新聞を行います!なんと今回の全国サミットでは「仙台会場」があるw

2017 年 3 月 17 日 Comments off

【宮城県】3/18は福岡県・西日本新聞社さんで「全国まわしよみ新聞サミット」なんですが、仙台にいる河北新報社の畠山さんや愛媛新聞社の秀野さんとスカイプ通信で一緒にまわしよみ新聞を行います!なんと今回の全国サミットでは「仙台会場」があるw

福岡はちと遠いという方。仙台があります!(仙台も遠いかも知れませんが^^;) ぜひともこちらにご参加してください!m(_ _)m


カテゴリー: 雑感 タグ:

■カリグラシというのは、人間の、本然の姿なんやと思う

2017 年 3 月 17 日 Comments off

編集者の竹内 厚さん(いつもお世話になってます!)から『『#カリグラシ 賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学』のレビューを書いてほしいといわれまして。団地の思い出話です。あんま、ぼくは、自分の昔の話とか書くこともないので、なかなか新鮮でしたなw ネコのミーコの話。

「カリグラシ」というのは、おもろいキーワードで。いろんな「モノ」や「コト」を串刺しにして物語が展開できる。本も読んでて興味深かったです。オススメ! よかったら買うてください。あ。もちろん図書館で借りてもええ思いまっせ。なんせカリグラシやさかいw

■書籍『#カリグラシ 賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学』
発行・発売:ぴあ株式会社関西支社
1,600円+税
ISBN:978-4-8356-3813-3

http://ours-magazine.jp/journal/ours-book/

——————————————————

■カリグラシというのは、人間の、本然の姿なんやと思う
text by 陸奥賢(観光家/コモンズ・デザイナー/社会実験者)

http://ours-magazine.jp/journal/book-column-mutsu/

ぼくは生まれたんは住吉の長屋ですが、2歳頃から長らく団地に住んでまして。15歳で親への反抗期とか、学校へのアンチとか、自分へのイラダチとか、バイトの面白さとかで、団地を出ていきましたが、まぁ、やっぱり、ぼくは、団地っ子ですな。団地の思い出話はいっぱいある。

ひとつ、団地の思い出話を書くと、ネコかな?

ぼくは両親と弟と一緒に、303号室に住んでたんですが、目の前の304号室の、たっくんのおばちゃんの家に、ミーコというネコがいまして。彼女は、たくましいネコやった。団地の各部屋にはベランダがあって、それは薄い壁で仕切られてますが、その下の排水溝を潜り抜けて、ミーコは、いろんな部屋をお邪魔するんですな。ベランダで、ミーミー鳴くんですわ(だからミーコと名付けられたんですな)。そこで、団地のいろんな人からエサを貰う。ぼくもマクドのナゲットをあげたことがあります。ムシャムシャ食べてましたな。ナゲット大好きでした。

うちのオカンは、ネコがダメで。アレルギーで。ペットを飼うのは絶対に許さないという人間でしたが、ぼくは別に、ペットを欲しいと思ったことがなかった。適当なときに、ミーコが来ましたから。ベランダで、ミーミー鳴き声がしたら、冷蔵庫をあけて、適当な食べ物をポイッとあげる。ミーコが食べる。ちょっと頭を撫でさせてくれる。食べているあいだだけはミーコは大人しい。それ以外のときに撫でようとしても、イヤそうに頭をふって逃げるんですな。それぐらいのふれあいで、ぼくのペット飼いたい欲は満足でした。団地はカリグラシの最たるもんやとや思いますが、これは「ネコのカリグラシ」ですな。

ただ、ミーコは、いろんなベランダにいって、いろんな人から愛されて、エサをようさんもらうもんやから、食べすぎまして。太って、はよ死にました。最後は、団地の階段で、横たわって冷たなってたらしいです。死ぬ間際に、熱でももってたんかな? 階段はひやっこい。そこに横たわると気持ち良かったんかも知れん。それで昇天した。

じつは、「カリグラシ」と聞いて、いっちゃん最初に、ぱっと出てきたんは、イノチのことでした。

心臓ちゅうんは、ぼくが寝とるあいだも、動いとる。手の指は「開け」と思えば開くし、「閉じれ」と思えば閉じるが、心臓は、ぼくが「止まれ」と思っても止まれへん。ぼくのカラダであるはずが、ぼくの意志ではどうにもならへん。ぼくの意志でないものに、ぼくの心臓は動かされ、生かされている。ぼくのカラダのような気がしているが、じつは、ぼくのカラダやない。どうやら、なにものかに、ぼくは、このカラダを、イノチを預けられて、それで、ぼくは、今日、ここにいるんですな。それで、この原稿を書いとる。このカラダは、イノチは、借りもんなんや。

そう。イノチですら、借りもん。いつか、これは、返さなあかん。

その事実に気づくと、要するに、世の中は、すべて借りもんやということに気づく。ぼくは一体、なにを所有してるというのか? あなたは一体、なにを所有しているというのか? それは、所有しているという錯覚に他ならない。ものごっついレコードコレクターは死ぬ最後に、大いなる、深刻なる溜息を吐くそうですな。ああ。この名盤、珍盤、迷盤を、あの世までは持っていけない。所有は幻想やということです。幸せな錯覚かも知れへんけど、やっぱり、錯覚や。

カリグラシというのは、人間の、本然の姿なんやと思う。至極、当たり前の、まっとうな姿。団地もネコもイノチも、今日も、ぼくは、なにかを借りて、生きている。いつか返さなあかんようになる日まで。

■陸奥賢
1978年大阪生まれ。2008年10月から2013年1月まで大阪あそ歩(観光庁長官表彰受賞)プロデューサーとして活動。現在は「大阪七墓巡り復活プロジェクト」「まわしよみ新聞」「直観讀みブックマーカー」「当事者研究スゴロク」「歌垣風呂」「劇札」などを主宰。應典院寺町倶楽部専門委員。著書に『まわしよみ新聞のすゝめ』。


カテゴリー: 雑感 タグ:

歌垣風呂の裏話

2017 年 3 月 17 日 Comments off

歌垣風呂の裏話?というわけやないですが、今回の「東近江・延命湯」では栄さんがいろいろと動いてくれました。栄さん、延命湯さん、地域のいろんな方のご協力あっての成功。ほんまに感謝です。みなさん、ありがとうございます!m(_ _)m

ちなみに、じつはドイツの国営放送(ARD)から「歌垣風呂を取材したい」といわれて、一端、取材に来ることになったんですが「歌垣の様子で、男性陣と、女性陣も映させてほしい。女性は水着でいいから」という結構、ムチャな取材依頼をされまして・・・^^; 女性陣のプライバシーが心配やし、撮影許可をするわけないし、そもそも風呂での水着着用はNG(水着着用=局部を洗わずに風呂に入る=不衛生)で公衆衛生法にひっかかるんですな。ディレクターはドイツ人やなくて日本人女性やったんですが、そのへんのことを理解してもらえずで取材ならずでした。残念。

もし実現していたら、ドイツで歌垣風呂が「日本の最先端の恋活文化」として放映されてたんですが・・・まぁ、裏話でしたww

※「歌垣風呂、男性側も女性側も映したい!」というのであれば「テレビ局側で男女を集めて、撮影許可を取って、それで歌垣風呂をやる」というのが、おそらくいちばん実現可能性があります。「それ、やりたい!」というテレビ局さんがいたら、一度、陸奥までご連絡くださいw


カテゴリー: 雑感 タグ:

【滋賀県】「歌垣風呂@東近江市・延命湯」が毎日新聞さんに取材されて記事になりました!w ありがとうございます!m(_ _)m 女「見られるより さわって はじめて ほめられる 方がうれしいものなのね」(テーマは「はだか」)

2017 年 3 月 17 日 Comments off

【滋賀県】「歌垣風呂@東近江市・延命湯」が毎日新聞さんに取材されて記事になりました!w ありがとうございます!m(_ _)m
女「見られるより さわって はじめて ほめられる 方がうれしいものなのね」(テーマは「はだか」)

歌垣(匿名)なんで大胆な歌が詠める。素晴らしい。改めて、エロは、恋は、偉大ww

——————————————–

■毎日新聞:銭湯の壁越しに歌を詠み合い「婚活」 滋賀

http://mainichi.jp/articles/20170315/k00/00e/040/272000c

銭湯の湯船につかった男女が壁越しに歌を詠み合い、声の調子や歌の内容だけでカップルの相手を決める婚活パーティー「歌垣風呂」が12日、滋賀県八日市の古い町並みの中に残る銭湯「延命湯」(東近江市八日市本町)で開かれた。男性7人と女性5人が、主催者から出された「お題」を受けて五七調の短歌を即興で披露。「浮気」という題で男性が「彦根城 にゃんこと抱き付く 彼女です 僕のジェラシー 沸騰中」と詠めば、女性が「チョコレート チーズもいいな でもやっぱり イチゴショートが好きだな わたし」と返歌するなど、ユニークな出会いの場を楽しんでいた。

歌垣は、男女が山や海辺に集まり、飲食をしながら歌や踊りで豊作を祝うなどした古代の行事で、プロポーズの場にもなったという。奈良時代には宮廷行事にもなり、万葉集にその様子も残されている。

歌垣風呂は大阪を拠点に活動する観光プロデューサーの陸奥賢さん(39)が、男女間が壁で隔てられた銭湯を、イベントの場として活用しようと発案し、一昨年から大阪や京都などで5回開かれている。県内では今回が初めてで、東近江市で婚活や子育てを支援する市民団体「omusubi」の栄知子代表が、陸奥さんに協力を呼び掛け主催した。陸奥さんは「年収や外観などではなく、声の感じなど直感から来る出会いを大切にしてほしい」。栄さんは「『あかねさす』と額田王が詠んだとされる東近江の伝統を感じられる婚活」と話し、イベントの盛況に期待を込めた。

後半には「裸」の題も出され、女湯から「見られるより 触って初めて ほめられる 方がうれしいものなのね」と詠むなまめかしい声が聞こえると、男湯のメンバーが固唾(かたず)をのむ場面も見られた。

この日は2組のカップルが成立。彦根市から参加した20代男性は「他に無い婚活スタイルなので参加する人も個性豊か。男女共に思いも寄らない人と出会えて楽しかった」と話していた。【金子裕次郎】


カテゴリー: 雑感 タグ:

【北海道】北海道新聞社さんでもまわしよみ新聞です!^ ^ ありがとうございます!m(_ _)m

2017 年 3 月 17 日 Comments off

【北海道】北海道新聞社さんでもまわしよみ新聞です!^ ^ ありがとうございます!m(_ _)m

今日は徳島県(徳島新聞の上田さん)、福岡県(古賀すたいるの戸田さん)、北海道(北海道新聞の本間さん)、富山県(むらかみさん)でまわしよみ新聞やってます。1日に4箇所。凄いですな…σ(^_^;)

———————————-

今日は北海道新聞社一階DO-BOXで「夜活まわしよみ新聞」をやっています。札幌市内の企業、官庁に勤務されている若手社員のみなさんが参加してくださいました。初対面でも新聞記事を通して会話ができるので、不思議と打ち解けることができます。いわゆる異業種交流会・勉強会です。


カテゴリー: 雑感 タグ:

【富山県】恒例のまわしよみ新聞@さ和美さん!^ ^ ありがとうございます〜!m(_ _)m 石田マジックショー??ww

2017 年 3 月 17 日 Comments off

【富山県】恒例のまわしよみ新聞@さ和美さん!^ ^ ありがとうございます〜!m(_ _)m

石田マジックショー??ww

———————————-

毎回、ふしぎな盛り上がりが起きる、まわしよみ新聞@さ和美。今回も地域の話題や、時事問題、マラソン、石田マジックショーで笑いの絶えないひとときになりました!!さ和美さん、参加者の皆様、ありがとうございます!!


カテゴリー: 雑感 タグ: