新喜多まち歩き。これまたマニアックw

2017 年 6 月 27 日 Comments off
カテゴリー: 雑感 タグ:

素晴らしい。大阪モダン寺。今福寺。

2017 年 6 月 27 日 Comments off
カテゴリー: 雑感 タグ:

河北新報さんで應典院の記事が。お寺ミーティングのときに取材がきてはったんですな。よう観たら写真にぼくが写ってましたw

2017 年 6 月 27 日 Comments off
カテゴリー: 雑感 タグ:

應典院、大蓮寺、パドマ幼稚園の物語。つーか、住職の独演会、独壇場、アジテーションの会でしたw ありがとうございます。南無阿弥陀仏。

2017 年 6 月 27 日 Comments off
カテゴリー: 雑感 タグ:

【京都府】6/23、京都天狼院で服部さんのトークイベントがありますが直観讀みブックマーカーが実施されます!^ ^ ナゾナゾのような、禅問答のような、預言のような、占いのような本遊び。ぜひともご参加してください!m(_ _)m

2017 年 6 月 27 日 Comments off
カテゴリー: 雑感 タグ:

【佐賀県】佐賀県NIE研究会にてまわしよみ新聞が実施されました!^ ^ 佐賀新聞さんの記事。ありがとうございます〜!m(_ _)m 佐賀でもまわしよみ新聞ムーブメントを!期待してますm(_ _)m

2017 年 6 月 27 日 Comments off

【佐賀県】佐賀県NIE研究会にてまわしよみ新聞が実施されました!^ ^ 佐賀新聞さんの記事。ありがとうございます〜!m(_ _)m 佐賀でもまわしよみ新聞ムーブメントを!期待してますm(_ _)m

——————————–

■佐賀新聞「新聞読むことで広がる視野」2017年06月15日 06時20分

http://www.saga-s.co.jp/sp/news/saga/10105/437897

■県NIE研究会
教育に新聞を生かすNIEの実践法について意見交換する佐賀県NIE研究会(会長・富吉賢太郎佐賀新聞社編集主幹)の第8回会合が10日、佐賀市天神の佐賀新聞社で開かれた。今回は「新聞で道徳の授業をつくる」をテーマに、若手からベテランまで幅広い教師が意見交換した。

県内の小中高教師ら7人が参加。日本新聞協会が委託するNIEアドバイザーの光武正夫さん(唐津市厳木中教頭)が司会を務めた。参加した教諭らは「道徳は種まき。多様な授業の一つの素材として新聞記事を生かせる」「読ませることで、生徒の視野が広がる」などと有用性を語った。

当日付の新聞から気に入った記事を切り抜き、感想を語り合う「回し読み新聞」も体験した。同研究会は2015年9月に発足した自主的な研修グループ。光武さんを中心に、年4回のペースで会合を開いている。


カテゴリー: 雑感 タグ:

夕陽丘まち歩き。画像は天鷲寺。いまは天台宗寺院ですが、じつは戦国期は涅槃宗寺院でした。邪教として弾圧されて、天海に助けられ、それで天台宗寺院となった。この涅槃宗の高僧が還俗して住友家のルーツになる。 涅槃宗と住友家訓などはリンクしてるんちゃうか?とちょっと睨んでるんですが、まあ、わからんですなw

2017 年 6 月 27 日 Comments off

夕陽丘まち歩き。画像は天鷲寺。いまは天台宗寺院ですが、じつは戦国期は涅槃宗寺院でした。邪教として弾圧されて、天海に助けられ、それで天台宗寺院となった。この涅槃宗の高僧が還俗して住友家のルーツになる。

涅槃宗と住友家訓などはリンクしてるんちゃうか?とちょっと睨んでるんですが、まあ、わからんですなw


カテゴリー: 雑感 タグ:

earthにて。顔ハメ看板トークに関西顔ハメ新聞に顔ハメ講談『風雲!千葉ねずみ城』ww いやあ、笑い過ぎて疲れましたww みなさん、ありがとうございます!m(_ _)m

2017 年 6 月 27 日 Comments off
カテゴリー: 雑感 タグ:

なぜか顔ハメ看板トークで七墓うちわが登場ww わざわざ作ってくれました。いや、ありがとうございます。素晴らしいww

2017 年 6 月 27 日 Comments off
カテゴリー: 雑感 タグ:

コモンズ・デザイン=他力のデザイン

2017 年 6 月 27 日 Comments off

應典院に公式facebookページが出来ました。ぜひ「いいね!」してくださいw

應典院は浄土宗寺院。宗祖の法然さんは日本仏教史上初めて「他力」というものを発見した。他力とは、他者の力であり、他者の可能性の発見といえます。

この他者は、ただ他人ということだけではなくて、自分に働きかけてくる森羅万象の、ありとあらゆるものが包括されている。生きている人間だけとは限らへん。草花や波の音、鳥や虫や魚といった異類、死者や未来者、阿弥陀如来という宗教的概念も含まれてくる。物凄く射程範囲が広い。

そう考えると、世界は他者に、他力に満ち満ちている。無辺の光のように地上に降り注がれる。その光は、しかし、柔らかい。

自力は、力強いです。自我があり、意志があり、前向きで、積極的なもんです。東方から立ち上がっていく朝日の光のように。

他力の光は、そういうもんやないですな。西方の海の彼方に沈んでいく夕陽のように、穏やかで、優しい。他力の象徴である阿弥陀さんが西方浄土にいるのは、イメージとしてもしっくり来ますな。

コモンズというのは他者を考え、シェアし、寛容する場で、これは、浄土宗のベクトルとリンクします。親和性が高い。だから應典院がコモンズフェスタをやってるわけですがw

そして何度も何度も何度もいうてますが、ぼくが創作した、まわしよみ新聞も直観讀みブックマーカーも当事者研究スゴロクも劇札も、すべて、この應典院のコモンズフェスタから産まれてます。

應典院という場やコモンズという概念、浄土宗、他力、阿弥陀如来への信仰と出会ってなかったら、ぼくは、これらの一連のコモンズ・デザインを作ってません。まわしよみ新聞や直観讀みブックマーカーなどには、どこか浄土宗の思想が含まれている。オープンソースは、まさに、他者頼み、他力頼みですw

コモンズ・デザイン…いってしまえば、これは「他力のプロジェクト」なんですが、この他力のプロジェクトこそが、この閉塞的で狭量で鬱屈した世界を、緩やかにでも変えていくんやないか?と思ってます。

少なくとも、そういう願いを込めて、ぼくは作ってます。活動してます。


カテゴリー: 雑感 タグ: