ラピュタ阿佐ヶ谷

018
6月13日、14日と仕事で東京にいってきました。東京駅、有楽町、銀座、新宿、歌舞伎町、阿佐ヶ谷あたりを歩いたのですが、とくに興味を惹いたのが阿佐ヶ谷のラピュタ。

※ラピュタ阿佐ヶ谷
http://www.laputa-jp.com/

1998年にオープンした約50席というミニシアターだそうですが、外観がユニークで、なによりも上映されている映画が「通!」なんですわ。ぼくがいったときは山中貞雄監督の特集が上映されていました。

※役に立つ山中貞雄
http://www.laputa-jp.com/laputa/program/yamanakasadao/

ぼくは10代の頃は映画青年で、TSUTAYAに日参してビデオを借りまくって、「映画は白黒や!」というのが持論で、ヒッチコック、ワイルダー、ホークス、ルビッチ、黒澤明、小津安二郎、溝口健二など、要するにクラシック・ムービーばかり見ていました。なかでも鮮烈に心に刻まれたのが山中貞雄「人情紙風船」と川島雄三「幕末太陽伝」で、この2つの映画は衝撃のあまり熱がでました。人間って凄い映画とか小説、音楽を体験すると倒れます。

今回は仕事の都合もあって阿佐ヶ谷に長居することができなかったので、山中貞雄特集は見れなかったので残念でした。大阪でもやってくれへんかなぁ?ちなみに大阪にもシネ・ヌーヴォとか、第七藝術劇場といった素晴らしいミニシアターはあるんですが、東京ほどの数ではないようです。
http://www.cinenouveau.com/
http://www.nanagei.com/

町中のふとしたところにミニシアターや劇場があるというのは東京の素晴らしい魅力です。阿佐ヶ谷。ええ町でした。


2009年 6月 18日
タグ:
コメントは終了しています。