アーカイブ

  • 大坂町衆の智恵 「喧嘩屋」

    江戸時代の大坂には「喧嘩屋」という妙な商売がありました。 例えば、2人の遊び人のあいだに不和が起こるとします。しかし、その場では喧嘩をせずに、遊び人は、それぞれ馴染みの喧嘩屋に相談にいくんですな。依頼を受けた喧嘩屋は、大 […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 1月 29日 | Filed under 雑感
  • 平清盛の夢のあと~荒田八幡神社:福原遷都八百年記念碑~

    来年の大河ドラマは平清盛やそうです。いろいろと清盛のことを調べたんですが、あまりにも早すぎた天才とでもいいましょうか。これほどの大人物とは思いませんでした。彼は後白河法王(院政)と戦い、藤原家(摂関家、公家勢力)を倒し、 […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 1月 28日 | Filed under 雑感
  • 創造的進化、純粋持続する都市を

    日本の都市をつまらない、くだらないものにしている要因のひとつが、都市を機能別に、効率よく、ゾーニングしようとする考え方です。それは平面的、二次元的、限定的な思考で、ヘーゲルの目的論的世界観に毒された構成です。人間の精神は […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 1月 17日 | Filed under 雑感
  • 大阪・北新地の料亭を訪れたゲバラ(三好徹『チェ・ゲバラ伝』)

    三好徹『チェ・ゲバラ伝』。古本屋で何気なく買いました。キューバ革命の英雄チェ・ゲバラが来日していたことは知っていたのですが、じつは大阪・北新地の料亭に飲みに来ていた・・・という衝撃の事実を、この本で知りました(笑) 19 […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 1月 10日 | Filed under 雑感
  • 栄光の大坂相撲~興行とタニマチと八百長と~

    相撲の歴史を紐解くと「記紀」に登場します。ノミノスクネとタイマノケハヤが相撲をして「ノミノスクネがタイマノケハヤを蹴り殺した」とあるんですな。これが相撲の歴史のはじまりというんですが、「蹴り殺す」ようなものが、ほんまに相 […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 1月 9日 | Filed under 雑感
  • 野花散人『太閣と曽呂利』 立川文庫傑作選 (角川ソフィア文庫)

    古本屋で入手しました。角川ソフィア文庫が「立川文庫傑作選」として野花散人の『太閣と曽呂利』を復刻したものです。角川ソフィア文庫は、ほんとええ仕事してくれますねえ。嬉しい。 立川文庫は大阪は心斎橋の出版会社・立川文明堂が出 […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 1月 8日 | Filed under 雑感
  • 大阪松竹座 「壽 初春大歌舞伎」

    http://www.kabuki-bito.jp/theaters/osaka/2011/01/post_17.html 今日はこちらへ。 お目当ては玩辞楼十二曲の「廓文章」。 藤屋伊左衛門が藤十郎と聞けば、行かねばな […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 1月 2日 | Filed under 雑感
  • 住吉大社 初詣 「住吉大社御鎮座千八百年記念大祭」

    大晦日から二年参りで住吉大社へ。 「住吉大社御鎮座千八百年記念大祭」のチラシがありました。 住吉に 斎く祝いが 神言と  行くとも来とも 船は早やけむ 人生の凪も。漣も。荒波も。渦潮も。 坐す住吉大神の御業です。 おみく […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 1月 1日 | Filed under 雑感
  • 2011賀春 水郷 蘇州 京杭大運河 

    年始のご挨拶。今年もよろしくお願いします。 Check

    コメントは受け付けていません。
    2011年 1月 1日 | Filed under 雑感
Archive for 2011年 1月