栄光の大坂相撲~興行とタニマチと八百長と~

相撲の歴史を紐解くと「記紀」に登場します。ノミノスクネとタイマノケハヤが相撲をして「ノミノスクネがタイマノケハヤを蹴り殺した」とあるんですな。これが相撲の歴史のはじまりというんですが、「蹴り殺す」ようなものが、ほんまに相撲であるかどうか?議論のあるところです。格闘技でもないし、これは決闘に近い。

一説によると、古代の領土争いの代行戦争で、ノミノスクネは出雲系の闘士で、タイマノケハヤは奈良系の闘士で、出雲と奈良の争いで出雲が勝った・・・とか、そういう話もあります。タイマというのは当麻寺のタイマで、実際に奈良の地名にあります。ぼくはノミノスクネは出雲系ではなくて河内系では?とも思ったりしているんですが、それはまた別の話。

中世では信長が相撲を愛好したといいます。尾張・名古屋の若い衆を集めて相撲をとらせた。それで力のある奴を自分の部下にしたとか。弓取り式というのは信長が考案したという説もあるそうです。しかし信長の時代の相撲も、権力者の嗜好といったところでした。他には寺社仏閣でも相撲をやっていたようですな。これは勧進相撲といいました。まぁ、神事のようなものです。

今日のような観客を集めて、そこからお金をとって「興行」という形で、相撲が定着をするのは江戸時代は元禄の大坂です。大坂の堀江で興行スタイルの相撲を初めて、それが大坂相撲の発祥。日本相撲史のエポックメイキング。

大坂相撲はスポンサーは大坂商人です。金持ちが多かった。だから相撲取りの後援者のことをいまでも「タニマチ」といいます。このタニマチは大坂の谷町のこと。地下鉄谷町線の谷町ですわ。ここは船場からみると東にあって、上町台地の高台になってまして、大金持ちの成功者が数多く住んでいた。

大坂相撲のころは相撲というのは、賭け事、ギャンブルの対象でした。また商人が金で力持ちを雇って、相撲取りに仕立てて、これは一種の店の宣伝ですな。タレントCMみたいなもんです。それで相撲を取らせた。もちろん八百長だって当然のごとく横行していました。「興行」ですからな。面白い取り組みにしないといけない。お客を入れて、沸かせないといけない。これが大ウケにうけて、大坂庶民はおろか、日本全国からも大坂相撲を見たいと、群衆が押し寄せた。

大坂相撲の成功を見て、江戸でも相撲が始まります。江戸相撲。江戸は武士のまちでした。日本全国から武士、藩屋敷が集まった。そこで相撲を取ることは、これは力自慢です。「わが藩はこれだけの強い男がいるのだ。どうだまいったか」というプライドをかけた誇りの相撲。江戸相撲はだから八百長なんて一切なし。まじめ。ついには将軍さまの閲覧する相撲なんてのも行われます。

そのうち藩の領内だけでは相撲取りがいないからというんで、日本全国を飛び回って、田舎の力自慢を金で集めて、それを「わが藩の相撲取り」なんていってました。いまでいうたら高校野球の強豪校みたいなもんですな。都道府県を飛び越えて、野球のできる中学生をスカウトして、それを集めて、強い野球チームを作る。そこまでして勝ちたいか?勝ちたかったんでしょうな。

やがて大坂相撲と江戸相撲が対決するようになります。勝負は火を見るより明らか。大坂相撲はまるでダメ。そりゃそうですわ。大坂相撲の相撲は興行です。八百長ですから。江戸相撲は本気。本気と書いてマジと読む。しかも日本全国から力自慢の男を見つけてくる。大坂相撲はコテンパンにやられます。「なんや大坂相撲て大したことあらへんなぁ」ということで、やがて大坂相撲は人気がなくなり、徐々に衰退していって(いろいろと内紛なんかもあったようですが)最終的には昭和初期に東京相撲に吸収合併される形で消滅しました。

東京相撲(江戸相撲)はいつのまにやら「相撲は国技」と自称するようになりました。しかし興行自体は儲かってないとか。国から税金免除、補助金などをもらって成立してるんですな。八百長することは、ぼくはべつになんとも思いません。しかし八百長するなら儲からないと。「面白い!」とお客さんが入るようにしないと八百長をする意味がありませんわ。

完全に民間で独立自営でやっていた栄光の大坂相撲を見習ってほしいですな。


2011年 1月 9日
タグ:
コメントは終了しています。