ヒューマンスケールのまちづくり 『人間都市クリチバ』

022
今、クリチバ市民の98%が「街に誇りを感じる」と答えている。お金も技術もないなかで、なぜ都市づくりが出来たのか。その秘訣は「都市は人間のためにあるべき」という強い信念のもと、都市計画への強い意志を持ち続けたことにある。ブラジルの都市が実現した都市計画の総合性、戦略性、そして実行力を分かりやすく紹介する。

http://web.kyoto-inet.or.jp/org/gakugei/mokuroku/book/5208kuri/hajimeni.htm
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/5208kuri/shohyo.htm

要するに「車」を最優先する「モータリゼーション社会」や、「資本」を最優先して代わり映えのしない同じようなハコモノが並ぶ「規格化社会」は大失敗で、都市には「人」を中心とした「ヒューマンスケールのまちづくり」が何よりも大切だってことです。当たり前といえば当たり前のことなんですが…。クリチバの都市計画の事例は、いろいろと興味深いです。オススメ。


2009年 6月 24日
タグ:
コメントは終了しています。