コミュニティから疎外されている存在が気になります

コミュニティから疎外されている存在が気になります。それは「弱法師」であり「無縁仏」であり「まれびと」であり…つまり「他者」です。そういう存在が生きていける場が「アジール」であり「七墓」であり「堺」であり…つまり「コモンズ」です。

「大阪七墓巡り復活プロジェクト」も「まわしよみ新聞」も「直観讀みブックマーカー」も、そういう「他者」との出逢いの場=「コモンズ」を作りたいと思ってデザインされています。ぼくの仕事はそれです。終始一貫してそれです。

・・・昨日は、ざっくばらんにいうと、そういうような話をさせてもらいました。みなさんにどう受け止められたかな?^^;

■9/25(水)神戸KIITOにてトークイベント「.DOCKTALK~デザインの内と外~ゲスト:陸奥賢」
https://www.facebook.com/events/379747035461206/


2013年 9月 26日
タグ:
コメントは終了しています。