ゲートタワービル(ビルを貫通する高速道路)



大阪市福島区にある地上16階建てのオフィスビルです。明治初期から当地で薪炭業などを営んでいた地権者がいて、社屋老朽化で改築しようとしました。ところが都市計画で高速道路が通ることになっていたために建築許可が下りなかったそうです。「んなアホなことあるかい!」と地権者と阪神高速道路公団(当時)とが約5年間にわたって交渉して、結局、ビルの中に高速道路を通す・・・という前代未聞の解決方法で決着したとか。

よく見ると高速道路と建物は接触せずで、お互いに独立してます。仮に建物を解体することがあっても高速道路が崩れることもないですし、貫通部分は防音シェルターで覆われているそうで、建物内部に騒音や振動なども一切ありません。じつによく計算されている。

得てして高速道路の用地買収というのは日本全国の都市で問題になりますが、こういう解決の仕方があるのか・・・と目から鱗です。すごい発想。智恵。ほんま、えらいもん建てますな、大阪は(笑)


2011年 2月 26日
タグ:
コメントは終了しています。