Caetano Veloso 『Livros』

01
部屋を整理していたら、Caetano Velosoの「Livros」が出てきました。
久しぶりに聞いたら、はまりましたわ。傑作です。再確認。

調べたら97年の作品。当時、ぼくは19歳ですか。
衝撃的なCaetano Veloso体験でした。

http://www.youtube.com/watch?v=7vV22LRNrpk&eurl

書物は超常的なもの
だが僕らはこれに触れ愛することができる
煙草のパックに触れるように愛しく
飼い慣らし育てるのだ
水槽の中で 本棚の上で 檻の中で 焚き火の中で
あるいは窓から投げ捨てるのだ
(僕ら自らが窓から投身するのを免れ得るかもしれない)
あるいは さらに悲惨なことだが、僕ら自身を憎むことを免れ得るかもしれない
もしくは ただたんに一冊
自分でも書いたりできるかもしれない


2009年 5月 9日
タグ:
コメントは終了しています。