天神祭・船渡御

本日は天神祭・船渡御。

かつての天神祭の船渡御は現・大阪市西区にある御旅所・松島行宮​へ御渡りしていました。ところが戦後に地下水汲み上げなどによっ​て地盤沈下が起こり、橋桁が下がって船の橋下通り抜けが不可能に​。川下への航行不能となると行宮お渡りができません。1000年​にわたる天神祭・船渡御の大ピンチ!そこで思いついたのが「川下​がアカンのやったら、ほな川上に船いったらええんちゃうか?」「​そりゃええ!それでいきまひょ」ということで、昭和28年(1953)から現​在のように川上に遡上するスタイルになりました。

京都でいえば「祇園祭の巡行コースを突然、変更する」みたいなも​んですか。もしそんなことを京都でしようと思ったら「1000年​の伝統どすえ!」とかいわれて大モメにモメまくりそうですが、​大阪はあっというまに即決でした。1000年の伝統だろうが現実主義で​すぐさま変更。

こういうリアリストなとこが、非常に大阪的です。良きにしろ、悪きにしろ。


2011年 7月 25日
タグ:
コメントは終了しています。