アーカイブ

  • まつりごと

    ぼくは「イベント的発想」や「イベント的現象」に懐疑的で、なんでもかんでも「イベント化」しつつある社会に危惧を感じてます。イベント化とは端的にいえば「一過性」です。一過性はまた無責任と表裏一体です。 歴史や文化、文明は水平 […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 11月 28日 | Filed under 雑感
  • 代議士

    政治家というのは「代議士」といいまして。代議士というのは字義通り、「代わりに議会にでる人」のことをいいます。誰の代わりか?といえば、これは国民です。日本国民の有権者1億人で国会議事堂につめかけて話し合うなんてのは到底、ム […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 11月 28日 | Filed under 雑感
  • 人間は異郷に生まれてくる。生きることは故郷を獲得することに他ならない

    天満八軒家浜より西を望む。大川と、おしてるや難波津の夕景と、高速ビル群と。まちを逍遥することで自分自身のアイデンティティを発見する。どうも人間存在は風土によって規定されていくものらしい。 「人間は異郷に生まれてくる。生き […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 11月 22日 | Filed under 雑感
  • 来年の大河ドラマは平清盛

    来年の大河ドラマは平清盛。どうも日本史では清盛は嫌われ者ですが、あまりにも早すぎた天才とでもいいましょうか。日本史上でも稀に見る、突出した大英雄がじつは清盛です。なんせ彼は後白河法王(院政)と戦い、藤原家(摂関家、公家勢 […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 11月 20日 | Filed under 雑感
  • 大阪城の鎮守・玉造稲荷神社にて

    大阪城の鎮守・玉造稲荷神社にて。秀頼公の銅像が出来てました。いつのまに?驚いたww 太閤秀吉は無類の女好き(戦国時代は男色も盛んだったんですが秀吉はそっちの方のエピソードは皆無。一度、美形男子をお世話役にしたら「お前に姉 […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 11月 20日 | Filed under 雑感
  • G・K・チェスタトン『正統とは何か?』

    堺の某地域新聞で堺のまちを紹介する連載を担当してるんですが、読者アンケート結果ではえらく好評だとか。嬉しい話ですが、これはみんな自分のまちを知らなさすぎる、ということの証左でもあります。そう考えると複雑ですな。 R […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 11月 14日 | Filed under 雑感
  • デンマークのエネルギー自給率

    1972年、デンマークのエネルギー自給率はわずか2%でした。それが1973年のオイルショックで国民が目覚め、原子力から自然エネルギーを導入。2000年にはエネルギー自給率139%に。 http://windpowerin […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 11月 6日 | Filed under 雑感
  • 天下茶屋

    天下茶屋は秀吉と利休が出会って、よく天下国家を論じたという茶屋です。紀州街道沿いにあります。和歌山まで通じているから現在は紀州街道と呼ばれますが、もとは住吉街道(住吉大社)であり、また堺街道(堺に通じている)でもありまし […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 11月 4日 | Filed under 雑感
  • もっと都市に「生の飛躍」を。élan vital!

    日本の都市をつまらない、くだらないものにしている要因のひとつが、都市を機能別に、効率よく、ゾーニングしようとする考え方です。それは平面的、二次元的、限定的な思考で、ヘーゲルの目的論的世界観に毒された構成です。人間の精神は […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 11月 4日 | Filed under 雑感
  • 自動車を打倒せよ!

    拍手喝采! 「ヴェニスで時を過ごしたことがある人なら、自動車のない都市の静けさがどれほど心の安らぎをもたらすかを知っている。耳に聞こえてくるのは、人々の足音だけなのだ。反動主義者と呼ばれる危険を冒してでも、私は叫びたい。 […]

    コメントは受け付けていません。
    2011年 11月 4日 | Filed under 雑感
Archive for 2011年 11月