織田作之助『大阪の可能性』

「大阪人というものは一定の紋切型よりも、むしろその型を破って、横紙破りの、定跡外れの脱線ぶりを行う時にこそ真髄の尻尾を発揮するのであって、この尻尾をつかまえなくては大阪が判らぬ」

織田作之助『大阪の可能性』


2011年 7月 30日
タグ:
コメントは終了しています。