アーカイブ

投稿者のアーカイブ

「おしてるや難波」の風景~大阪人メンタリティと大阪文化の精神性を探る~

2008 年 11 月 26 日 Comments off

14
淀川が大阪湾に滔滔と流れて、そこの彼方に夕陽が沈んでいきます。

写真は梅田スカイビルの屋上展望台から。
http://www.skybldg.co.jp/

「あをによし」というのは奈良の枕詞ですが、難波(大阪)の枕詞は「おしてるや」といいます。「おしてる」は、夕陽の光が海原と空一面を明るく照らすさまを意味していて「や」というのは間投助詞です。

直越の この道にして おしてるや 難波の海と 名づけけらしも

万葉集に出てくる大阪の歌です。直越の道(奈良から大阪までの山道)を歩いていると、美しく光り輝く海が見えた。なるほど。これが噂の「おしてるや 難波の海」か……意訳するとこういう感じでしょうか。

大阪は西に海があって、太陽が沈む「夕陽の国」です。中世には、沈み行く太陽を目指して、難波津や住吉津から船を漕ぎだして「西方浄土へ行く」と補陀落渡海した人々も大勢いました。

大阪人のメンタリティ、大阪文化の深い精神性は、この「おしてるや」の海と夕陽によって形成されています。


カテゴリー: 雑感 タグ:

住吉名物!豆めし「廣田屋」

2008 年 11 月 22 日 Comments off

16
久しぶりに豆めし「廣田屋」さんにいきました。

いまは堺に住んでますが、ぼくの生まれは住吉です。 生後まもなく、額に「大」と書かれたぼくは、太鼓橋を渡って、住吉大社にお宮参りしました。要するに住吉大社はぼくの氏神さまで、初詣や夏祭り、入学祝いなど、なにかあるごとに毎年欠かさず行ってました。神社参詣の帰りに豆めしに行くってのは定番コース。

懐かしかったでんなぁ。


カテゴリー: 雑感 タグ:

源氏物語「澪標」(みをつくし)

2008 年 11 月 22 日 Comments off

15
住吉大社を舞台にした物語で、有名なのが源氏物語の「澪標」の帖。

左遷されて須磨、明石に流された光源氏が恋に落ちたのが明石の君。 しかし光源氏が政界に復帰すると、二人は泣く泣く別れてしまう。後日、明石の君が、住吉大社に参詣に向かうと、ひょんなことに光源氏も住吉大社に参詣に来ていた。ところが明石の君は、太政大臣・光源氏の晴れ姿を見て「もう自分とは遠い世界の人になったのだ」と何もいわずにひっそりと去る。そのあとに「明石の君が来ていましたよ」と教えられて光源氏が送ったのが以下の歌です。

「みをつくし 恋ふるしるしに ここまでも 巡り逢いける 縁は深しな」

大阪は住吉を舞台にした恋の物語。住吉、なかなか情緒と風情があって、ええとこでしょ?ぼくはそういうまちで生まれました(笑)


カテゴリー: 雑感 タグ:

映画「秋深き」

2008 年 11 月 21 日 Comments off

http://www.akifukaki.com/
http://www.akifukaki.com/theaters.html

見に行こうと思ったら大阪ミナミで映画上映やってないんですな。梅田か堺か八尾しかやってません。「映画みたあとに千日前、黒門市場へ!」なんてコースを考えてたんですが、それが出来ない。オダサクの映画なのになぁ・・・。


カテゴリー: 雑感 タグ:

ヒューマンウェアのリスクマネージメント

2008 年 11 月 19 日 Comments off

どれだけ立派な巨大ダムやスーパー堤防を造っても、100年に1度の大洪水、300年に1度の大大洪水、1000年に1度の大大大洪水には決壊します。そんな超大型公共事業に何百兆円という天文学的なお金をつぎ込んできたのが、戦後日本でした。良いようにいえば天災を事前に防ぐ「攻めのリスクマネージメント」。しかし正直いえば「○○○年に1度の天災の恐怖」を煽って業者や官僚、政治家などが癒着している事例も数多くありました。

あえて暴言を吐きます。「諦めることも肝心です」。いつか天災は来るんです。必要なのは、天災に襲われた時の、助け合いの精神です。常日頃から住民たちは「向こう三軒両隣」という関係性を形成することです。人間は弱い存在なんだから、天災に襲われた時は、一緒に苦しみ、泣き、笑い、助け合わないといけないという共有認識。「受けのリスクマネージメント」です。

こちらはそれほどお金はかかりません。そして、実際に天災時に役立つのは「攻めのリスクマネージメント」ではなくて「受けのリスクマネージメント」だったりします。ダムや堤防といった「ハードウェアのリスクマネージメント」ではなく、住民自治、コミュニティによる「ヒューマンウェアのリスクマネージメント」ともいえます。

謙虚に。我々は、とても哀れで、弱い存在です。だから、強くなれるはず。


カテゴリー: 雑感 タグ:

高麗橋吉兆(本吉兆)

2008 年 11 月 14 日 Comments off

0
2008年11月13日。「大阪あそ歩’08秋」の企画で、高麗橋にある本吉兆にいってきました。
http://www.kitcho.com/osaka-hon/

1979年、1986年、1993年と、過去3度の東京サミットで、先進諸国首脳をおもてなししたのが、大阪が世界に誇る日本料理の最高峰「高麗橋吉兆」(本吉兆)です。創業者の湯木貞一氏は、日本文化の「一期一会」の美学を追求して、紫綬褒章、文化功労者にも選ばれた伝説の料理人。その本吉兆の料理を味わおうというのが今回の企画で、本来は紹介制で一見さんお断りのお店なのですが、「大阪のまちの文化を見つめ直そう」ということで、本吉兆さんにご協力頂いて、今回の企画が実現しました。

伝統的な数寄屋作りの吉兆に入ると、千成瓢箪の暖簾が飾られた風情な玄関口で、最初は「澪標(みをつくし)の間」へと案内されました。本来はここもお座敷だそうですが、今回は待合室として利用されました。大阪都心のど真ん中にこんな静寂な空間があるなんて…と、その美しい静謐な佇まいだけでも一見の価値があります。

次に案内されたのが「蔀(しとみ)の間」で座席につくと本吉兆の湯木潤治社長からお献立の説明。お献立のはじめは「絵ノ具皿八寸」で、菊柚子三種、柿なます、しめじ茸とんぶり和え、烏賊キャビア添え、前菜色とりどり。次は「お椀」で、海老糝薯と焼き餅。「造里」は鯛、烏賊、子鮪。「お凌ぎ」に秋草吹寄せで、「焼きもの」は杉板焼 鰆、松茸、白葱……と、まるで極上のアート作品のような料理が次から次へと出てきて、もうなんと形容していいのやらの絶品の美味しさ。

吉兆の料理を味わって考えさせられたのは本吉兆の料理というのは決して奇をてらったようなものが出てくるのではなくて、非常に正統的でマジメな料理だということです。湯木貞一氏が吉兆の料理を完成させたときは、これは従来の日本料理にはなかった革命的なものだったと思いますが、その革命性ゆえに、もはや日本料理の「常識」になったんでしょう。極めてオーソドックス、オーセンティックな料理であって、「日本料理のスタンダードを作った」ということが、本吉兆のすごさといえます。

今回の本吉兆は、大阪くいだおれシリーズ第1弾ということで、「大阪のほんまもんの食文化を見直そうやないか」という主旨で企画されました。「くいだおれ」と聞くと、お好み焼やたこ焼きといったイメージが先行しがちですが、そういう庶民的なグルメだけではなくて、本吉兆のような日本料理を代表する世界に冠たる高級料亭文化というのも、れっきとして存在しています。このバリエーションの振幅が大阪の食文化の深さなのでしょう。大阪のほんまもんの「くいだおれ」を満喫しました。


カテゴリー: 雑感 タグ:

大阪のまち歩き支援へ推進連絡協議会が発足(観光経済新聞社 第2490号 2008年11月1日発行)

2008 年 11 月 1 日 Comments off

観光経済新聞社に「大阪あそ歩’08秋」のことが掲載されました。

http://www.kankoukeizai-shinbun.co.jp/backnumber/08/11_01/chiiki_kanko.html 

大阪市と大阪商工会議所、大阪観光コンベンション協会、水都大阪2009実行委員会はこのほど、「大阪コミュニティ・ツーリズム推進連絡協議会」を発足した。市民自らがガイドとなり来訪者と交流しながらまちを紹介する「まちあるき」の取り組みを支援するほか、地域に密着したさまざまな観光資源や魅力の情報を広く発信していく。

 会長は大阪観光コンベンション協会理事の長藤一博氏。総合プロデューサーとして大阪府立大特別教授で、建築史、都市文化論を専攻し大阪の都市計画やまちづくりにも深く関わる橋爪紳也氏、チーフプロデューサーにフリーのイベントプロデューサー茶谷幸治氏、アシスタントプロデューサーにフリーライターの陸奥賢氏を迎えた。

 発足記念事業として「大阪あそ歩(ぼ)08′秋」を開催。11月11日には大阪物語りシリーズとして「心中天網島〜紙治と小春のこの日」、13日は大阪食い倒れ料亭、料理店を楽しむシリーズとして「高麗橋吉兆(本吉兆)」での食事会などを実施する。今後、春と秋の2回程度「大阪あそ歩キャンペーン」を展開。

 協議会では市民と来訪者の交流を拡大することで、地域の人々の地元に対する認識と愛着を深めるとともに、観光振興に寄与し、地域経済の活性化につなげる。具体的には、市民ガイドボランティアグループと連携し、旅行業者への売り込みや協賛の確保などの対外的な交渉、インターネットやチラシを使った情報発信などを行う方針だ。


カテゴリー: 雑感 タグ:

西高野街道

2008 年 11 月 1 日 Comments off

堺市、大阪狭山市、河内長野市の3市の共同プロジェクトで、来年春頃に「西高野街道」(堺~大阪狭山~河内長野~和歌山県橋本~高野山)をテーマにしたガイドブックを発行します。今年の春から西高野街道について、あれやこれやと文献を調べたり、実際に街道を歩いて、現地調査などを行い、いま校正段階まで来ているのですが、この西高野街道が深いといいますか、じつに面白いんですわ。

大阪というのは古くから街道が発達した都市で、例えば竹内街道(堺~松原~羽曳野~太子~竹内峠~奈良・飛鳥)というのは、推古21年(西暦613年)に作られた「日本最古の国道」といわれています。「国道」「官道」であるだけに、歩いてみると道が「まっすぐ」であることに気づかされます。港(堺)と都(飛鳥)を結ぶ官製道路なんで、合理的で直線的なんですな。

西高野街道は、いつ頃できたのかは定かではないのですが、くねくねと曲がっていますし、細道、坂道、脇道、鉤字、三叉路、分岐点などが非常に多い。高野山という山岳宗教があって、それに向かって周辺の人々が散り散りに歩き出した道ですので、お決まりのコースというのは実はないんです(そのおかげで地図作りが大変なんですが)。民衆が作り上げた道というのが歩いてみれば、よくわかります。

また面白いのが、高野山への道だから真言密教の道というわけではなく、いろんな宗教が入り乱れて混在としています。聖徳太子、行基菩薩ゆかりの地や、「太神宮」という現地在住の方のみに信仰されている神さま、安倍清明の辻、北斗七星を信仰する妙見さん、無数のお地蔵さんやお稲荷さんなど、弘法大師以前のお寺や神社が無数に存在していて、何がなにやらさっぱりわからない。はては人魚のミイラなんて奇怪なご神体にも出会いました。
http://mutsu-satoshi.com/2008/10/30/

この西光寺というのは、和歌山県橋本市の山間にあります。山間から見渡せば、遠くに紀ノ川が見えますが、人魚なんてどこにもいるように思えません。摩訶不思議な寺院ですが、ここで「ほんまもんの人魚かどうか?」なんてことを訪ねるのは無粋というもので、こういう人魚のミイラを信仰した民衆の存在はまぎれもなく「ほんまもん」ですから。高野街道の魅力というのは、そういう寓話性、物語性にあります。民衆の「想い」「祈り」「救い」がたくさん残っている。そういう意味では、高野街道には「ほんまもん」がたくさん詰まっています。どうです?素晴らしい街道や思いませんか?

ガイドマップが完成すれば(2009年春頃予定)、堺市、大阪狭山市、河内長野市の役所、駅などで配られます。数も少なく、なかなか入手は難しいかもしれませんが、ぜひ手にとって、高野街道を歩いてみてください。


カテゴリー: 雑感 タグ:

人魚のミイラ

2008 年 10 月 30 日 Comments off

1
苅萱堂(西光寺)にて拝見させていただきました。
http://www.hashimoto-kanko.com/detail/index.php?%B4%A3%B3%FE%C6%B2

昔、佐賀県伊万里の松浦一酒造さんで「河童のミイラ」を見たことがあるんですわ。
http://www2.saganet.ne.jp/kappa/miira.htm

あんときも驚きましたが「まぁ、佐賀県伊万里なら、そういうのがあってもおかしないかなあ」なんて思っておりました。しかしぼくの地元を通る西高野街道(堺~高野山までの巡礼街道)にこんなもんがあったとは・・・。驚きましたよ。

西高野街道は深いです。色んな民衆宗教が混在していて、とてつもなく奥が深い。ウォーキングガイドブック(来年春に発行予定)作成の仕事で取材したのですが…良い経験させてもうてます。


カテゴリー: 雑感 タグ:

地方メディアの時代

2008 年 10 月 27 日 Comments off

高野街道の本を作る仕事があって、堺市内の図書館で「高野街道」と名前がつく本や資料はかたっぱしから借りているんですが、それらを片手に街道を歩くと、あまりにも記述にマチガイが多いことに気づきました。

地方新聞や地域の郷土研究家の本はさすがに素晴らしい情報量なんですわ。事細かに調べております。若干、マニアックともいえますが(笑)逆に世間では名前が通ってる某巨大新聞の「高野街道をたずねて」なんてコラム記事がめちゃくちゃ取材がいい加減です。石碑の場所はまちがえてるし、地名はまちがえてるし、寺の開基の年号もまちがえてるし・・・あまりにもずさんな取材で驚きました。

そもそも地方には「地方新聞」というのがあって、ちゃんとしたメディアの地位を確立しています。たとえば愛知では中日新聞(275万部)、北海道では北海道新聞(121万部)、広島なら中國新聞(72万部)、神戸なら神戸新聞(56万部)、京都なら京都新聞(51万部)、新潟の新潟日報(50万部)、山陽の山陽新聞(48万部)などなど……東京にすら東京新聞(59万部)なんて地方新聞があります。

ところが大阪には、そういう「地方メディア」として影響力を持つ新聞が乏しいんです。「大阪日日新聞」(ぼくは愛読してますが!)という素晴らしい媒体はあるんですが、いかんせん発行部数は7750部ほど。良い新聞なのに、大阪府民は880万人もいるのに、1万部に満たないのは、忸怩たる思いがあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E6%97%A5%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E

なぜ大阪だけ、こんな状況になっているのか?というと、昔は大阪にもちゃんと地方新聞があったんですが、これがだんだんと巨大化して「朝日新聞」(元は大阪朝日新聞)や「毎日新聞」(大阪毎日新聞社が東京の日報社を買収して毎日新聞に)、「産経新聞」(夕刊大阪新聞社から「日本工業新聞」として創刊)になってしまったんですわ。大阪の地方新聞だったのに東京の四大新聞になってしまい、おかげで大阪に立脚した、大阪を代表する地方新聞というのがなくなってしまったわけです。

明治以降の中央集権国家構造が閉塞して「地方の時代」に突入しようと舵取りしつつあるときに、大阪の情報を誠実かつ良心的に発信する媒体が大阪には欠けているんです。これは地方都市・大阪として非常にリスキーな状況で、大阪の悲劇でもあります。実際に京都新聞なんか凄いですよ。京都のことを調べようと思ったら、ぼくはまず、とにかく京都新聞をリサーチします。四大新聞が束になっても適わないネットワークを持っていて、事細かな京都情報を掲載していますから。大阪にもそういう新聞を作る(育てる)必要性があります。とくに僕はライターでメディアに携わる人間ですから、「大阪メディアの空洞化」には多大な危機意識をもってます。

別段、新聞という媒体でなくてもいいと思いますが、地方メディア=大阪メディアの確立は急須でしょう。いつまでたっても大阪がYTT(吉本・タイガース・たこ焼き)といった一元的なイメージから逃れられないのも、このあたりに起因があると見てます。


カテゴリー: 雑感 タグ: