アーカイブ

‘雑感’ カテゴリーのアーカイブ

桃山病院の殉教者慰霊碑

2023 年 11 月 7 日 Comments off

天王寺区細工谷にあるのが、桃山病院の殉教者慰霊碑。桃山病院(桃山避病院)は明治20年に建てられた大阪初の伝染病専用の病院だった。

江戸時代は鎖国体制で日本人はなかなか外国人と触れ合うこともなかったが、明治維新を迎えて開国すると外国人が一気に日本国内で増加した。当時の日本人にはまったく外来の細菌、ウィルスへの免疫がない。ヨーロッパ、アメリカで流行していたコレラ、ペスト、天然痘などが猛威を震い、明治・大正・昭和初期の日本国民、大阪市民の生命を脅かした。

特に衝撃であったのがペストで、大阪の第一次流行(1899~1900)では161名の患者のうち死者146名(致死率90.7%)、第二次流行(1905~1910)では958名の患者で死者860名(致死率89.8%)という大惨事となった。

致死率90パーセント超えとは恐るべき死病であるが、あまりにも致死率が高いので、皮肉なことだが、それほど患者数は増えなかった。広まる前に患者が死んでしまう。いまアフリカのエボラなどが致死率90パーセント超えらしいが、なかなか世界的に広まらないのはそういう理由があるとか。いや、しかし、それもこの地球大移動、大交流の時代にはわからない。

伝染病の恐怖というのはコロナでイヤというほど体験した。都市機能、社会インフラがストップしてしまう。こんなのは二度とごめんやと思うが、地球温暖化や環境破壊などで自然界の生物と人類の接触がどんどんと増えていく。未知なるウィルスが人間という触媒によって、どう進化するかわからない。

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツはいま伝染病関連の研究、防疫などを事業にしているらしいが、今後の世界は10年に1回の割合でコロナ級のパンデミックに襲われる可能性があると予測している。10年に1回てあーた、信貴山の秘仏・毘沙門天のご開帳(12年に1回)より早いがな。善光寺のご開帳(7年に1回)より遅いけどって何をいっているのかよくわからなくなってきた。とりあえずパンデミックは勘弁して欲しいが、起こった時はしゃあない。そん時はまた陸奥賢はひとりでオンライン薬師巡礼をします。

細工谷のまち歩きでコロナ前は、この石碑についてもあんまり触れることはなかったが、コロナ以降は必ず立ち寄るようにしている。大衆が右往左往するのが都市。人間が行き交うということは、それだけ伝染病のリスクは高まる。都市の大敵とは伝染病であった。リスクマネジメントの意味も込めてお参りしている。

石碑は昭和12年に建立された。裏に碑文が書かれているが「伝染病の現場は戦場そのもので病院関係者は軍人のようなものである」と、なかなか勇ましい。「殉教」というのが正義として叫ばれていた時代精神であろう。


カテゴリー: 雑感 タグ:

船場の地霊と御堂筋

2023 年 11 月 3 日 Comments off

昭和12年(1937)、御堂筋拡張工事によって大阪の中枢であった船場が真っ二つに分断されてしまう。モータリゼーション(車社会)のために作られた幅44メートルの幹線道路が船場・大阪に与えた影響は甚大であった。とくに船場の西側に集積していた宗教施設と船場の町衆が御堂筋によって切り離されてしまった。

じつは御霊神社、北御堂、坐摩神社、南御堂、難波神社といった寺社仏閣こそが船場商人、船場の町衆の精神的な拠り所であり、アイデンティティの根源でもあった。実際に「御堂さんの瓦の見えるところ」「御堂さんの鐘の音が聞こえるところ」でお商売をする…というのが船場商人の誇りであり、成功のステータスであったという。

また船場商人は朝起きると東の生駒山の朝日を礼拝し、家人一同で拍手を打ち、夕刻、仕事納めには夕陽に照らされた御堂さんに南無阿弥陀仏と唱えて一日を締めくくったとか。「朝拍手・夕念仏」とでもいうべきか。マックス・ウェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』ではないが、船場商人のマトリックスに宗教(浄土教)が果たした役割は非常に大きい。

さらに船場の寺社仏閣は宗教的な場であるだけでなく文化・芸術の場であり、娯楽・遊興の場でもあった。御霊神社に御霊文楽座、難波神社に稲荷社文楽座があり、坐摩神社こそは上方落語寄席の発祥の地でもあった。

寺社仏閣で行われる出開帳や夜市・夜店というのも宗教的なものであり、遊興的なものでもあった。これらの多くは神仏のご縁日に行われたが、単なる催事ではなく祭事であった。イベントではなく神事や仏事であった。それが船場コミュニティの核であり、要となった。

都市はただ経済的な価値観だけで構築、形成されるものではない。そこに生まれ、育ち、学び、遊び、人と出会い、知人・友人ができ、恋愛をし、働き、次世代を育て、老い、死んでいくという死生の場であることが都市機能を拡充させ、都市を都市たらしめる。NYの肝っ玉母ちゃんのジェイン・ジェイコブズが『アメリカ大都市死と生』の中で看破したように、都市は多義的で多様的で複雑怪奇な有機体でなければならない。

ゾーニングして「商業エリア」「居住エリア」「工場エリア」というように機能的で効率的な都市を作とうとしても大抵は失敗する。戦後は都市計画という名の下に寺社仏閣を排除して、赤提灯ひとつない、新興のニュータウンやビジネス街を作ったが、それらの大部分は残念ながら失敗している。住んでいて、味気なく、面白味にかけて、無味乾燥たるゴーストタウンにしか感じられない。

人間はもっとカオスモスな存在で断じて機能的、効率的、合理的な生物ではない。不条理や非合理や苦しみや迷いや闇や祈りや願いやバカ騒ぎやお祭りや七転八倒や迷信やオカルトの中に生きているから、都市もまたそのような場を用意しなければ人はそこに住みつくことはできない。

人間存在は我々、近代人が思う以上に宗教的でスピリチュアルで霊的な存在であるということです。だからこうした宗教的でスピリチュアルで霊性の場であった寺社仏閣と船場の町衆との結びつきを分断した御堂筋拡張工事の罪過は語られなければならない。

その主導者が関一市長で、この人は東京や欧州に学んだ当時、最先端の都市計画の学者先生であった。しかし「大阪・船場の地霊」をよくご存じなかったのではないかと僕は観ている(いや、むしろ大阪の近代化、近代都市化のために、全てわかってやったことなのかも知れない。それはそれで更に罪深い)。御堂筋が完成して80年以上になるが、結局、だから御堂筋は駆逐、淘汰されるような話が最近になって出てきている。

■御堂筋完成100周年をターゲットに「フルモール化」を目指す!御堂筋完成80周年記念事業推進委員会が「御堂筋将来ビジョン」を公表

https://saitoshika-west.com/blog-entry-5154.html

都市の中から車を駆逐しよう、モータリゼーションは辞めようという動きであるが(これは世界的な都市の潮流でもある。歩ける都市こそが都市の魅力であり、価値となる)、このフルモール化によって船場の通りがもう一度、再結合され、とくに船場の町衆と宗教的な場との結びつきの回復が成されることを僕は期待している。

※船場の通りの中で道修町だけは、いまも「神農祭」が行われる。その核となる少彦名神社が道修町の中心(道修町2~3丁目)に近いエリアに位置していることの影響は大きい。出店もその範囲ででる。御堂筋よりも西(道修町4丁目)、堺筋よりも東(道修町1丁目)では神農祭の出店はない。御堂筋、堺筋の幹線道路が道修町の祭事(町衆)を分断していることがよくわかる。

祭事があるので道修町の町衆は他の船場の通りに比べて結束力が高い。薬関係の会社も意外と大阪から出ていかない。東京に本社、大阪の本店といった二社体制であったりする。

これは天神祭がある天満の町衆にもそういった傾向がみられる。祭事、神事、仏事が町衆を都市に繋ぎとめる。氏神・氏子、寺檀関係という前近代的な旧習が実は都市の経済的な価値観を高めていたりする。


カテゴリー: 雑感 タグ:

ビッグカメラ(エスカールビル)北側にあるのが光明地蔵尊

2023 年 11 月 1 日 Comments off

ビッグカメラ(エスカールビル)北側にあるのが光明地蔵尊。千日デパート火災(1972年5月13日。死者118名で日本のビル火災史上最悪の大惨事となった)の犠牲者の供養のために、かつて千日デパートにテナント出店していた方が私費で建立したという。前を通って時間があるときは合掌している。

じつは本格的な供養碑は高野山大霊園にある。いまも毎年5月に遺族、関係者で供養の法要が行われているとか。

「ミナミの六地蔵」のひとつでもある。光明地蔵尊以外は法善寺の水掛不動尊、道頓堀出世地蔵尊、高津十番町地蔵尊、榎地蔵尊、身代矢受地蔵尊。毎年、地蔵盆のさいに千日供養の練り歩きが行われている。

ミナミ、千日前は大阪七墓のひとつ・千日墓地があったところ。江戸時代最大の火葬場で、江戸時代を通じて約200万人以上が荼毘に付されたという。江戸時代末期には埋葬地が足らなくなり、御遺骨が山のように積まれて文字通り灰山と呼ばれた。

かつての千日墓地の死者たちへの供養とミナミの発展を願い、100人以上の僧侶、山伏が練り歩きをする。圧巻です。道ゆく人も思わず足を止める。


カテゴリー: 雑感 タグ:

いわき時空散走、はじまります

2023 年 10 月 24 日 Comments off

いわき時空散走は「コミュニティ・サイクル・ツーリズム」です。コミュニティ・ツーリズムの自転車バージョンといったような意味で僕は使ってます。

僕は長く大阪・関西でコミュニティ・ツーリズム(まち歩き)の仕掛け人、プロデューサーとして活動してきました。コミュニティ・ツーリズムとは、ひとことでいえば「地産地消の観光」です。

観光というとコミュニティ外から人を呼ぶ、集客するという発想に囚われがちです。これは「大衆」(マス)に向けてのプロモーションなのでマス・ツーリズムともいいます。「大衆」は「顔が見えない人たち」といってもいいでしょう。

それに対してコミュニティ・ツーリズムは「コミュニティ内の人」…要するに「顔が見える人たち」で「身内」「知人」「友人」「同じまちに住んでいる人」「地域住民」などと一緒に「わがまち」を歩こう、巡ろう、楽しもう、遊ぼう、学ぼうというツーリズムになります。

コミュニティ外から人を呼ぶ観光を「外需の観光」だとするならばコミュニティ内から人を呼ぶコミュニティ・ツーリズムは「内需の観光」といってもいいかも知れません。

コミュニティ・ツーリズムにはいろんな効果があります。そのうちのひとつとして「わがまちを知る」ということが挙げられます。自分が生まれ、育ち、いま暮らしている、わがまちの歴史や文化や物語を知るということは、結果として自分という存在の意味や意義を考えることに繋がります。

人間は社会性の生き物です。想像以上に環境や風土というものに有形無形に影響を受けている。自分の周りの環境、風土を知ると、いままで自分の中にあったが認知されていなかった自己、自我をいろいろと発見します。自分の価値観や世界観、物事の捉え方、考え方、発想がどこから来たのか?その構成要素、環境因子のようなものがわかってくる。アイデンティティの始原がわかってくる。

自分という存在の中に「ふるさとの遺伝子」を観る。その自覚によって、はじめて愛郷心も育まれていきます。自分のまちだから、自分を育ててくれた地域だから、よりよい社会にしたいという意欲が自覚が芽生えるし、まちのプレイヤー、コミュニティの当事者となっていきます。

コミュニティ・ツーリズムのツアー参加者は、みんな同じ地域社会の一員なのだから、だから誰でも「わがまち」について語っていいし、そのまちに関する「思い出」や「記憶」や「想い」を多かれ少なかれ持っているだろうと思います。

いわき時空散走が、一緒にまちを巡る人を「サポーター」と呼ぶ理由はそこにあります。つまり「ガイド」ではなくて「サポーター」という呼称を使うのはツアーの主役はガイドではなくて「ツアー参加者全員」がツアーの主役になって下さい、いろんなお話をしてくださいというメッセージを込めています。

ツアー参加者同士が主体的に、能動的に、「わがまち」の知っていることや思い出話や「聞いたことある」程度の何気ない事を、自由闊達にお喋りし、語りあい、それをサポーターさんが聞き、広げていく。ある意味、サポーターさんはファシリテーターのような役割を果たします。

地域やまち、コミュニティに関係ない、携わっていない外部の大衆を相手にするマスツーリズムのガイドには、ある意味、地域やまち、コミュニティの代表者として、先生であり、教師であり、牽引役であり、ナビゲーターであり、なんでも知ってる郷土研究の第一人者であったりする必要がありましたが、コミュニティ・ツーリズムには、あまりそのような存在は必要ではありません。

むしろツアーの参加者は誰も彼もが、同じまちに生きる、まちの人同士なので、まちについて、もっと自由に語っていいはずです。参加者それぞれに「自分のまちはこういうまちなんだ」「こういうところが好きだ」「誇りに思う」「こういうところがダメだと思う」といった「まち語り」が許される。等身大のまちを語る。自分とまちの物語を語る。そういうツアーが可能ですし、それこそがコミュニティ・ツーリズムの醍醐味だといえるでしょう。

いわきの人たちが自転車に乗って、いわき中の多種多様なまち、地域、コミュニティを語り、楽しみ、遊び、面白がっていく。いわき時空散走は、そういうツアー参加者同士が和気藹々と「まち語り」をして、それを許容するコミュニティ・ツーリズムとして始まります。

ひとまず今年の秋は3コース。植田・佐糠・金山コース、小川郷コース、四倉・大野・玉山コースを巡ります。佐糠が実家のリナちゃん、小川郷で園長をやっている櫛田けいこさん、大野・玉山生まれ育ちで演劇の役者でもある松本さんがサポーターに。めちゃくちゃ面白いです。ぜひとも情報をチェックしてください。

■「いわき時空散走フェスティバル2023」開催!

https://note.com/noreruiwaki/n/na01c7ea5aa98


カテゴリー: 雑感 タグ:

堺市役所21階ロビーにて。さいとうたかを展。

2023 年 10 月 12 日 Comments off

大阪まち歩き大学!堺市役所21階ロビーにて。さいとうたかを展。無料。

さいとうたかをの「劇画」は日本の漫画界に彗星の如く、突然変異のように現れた。あれは和泉・信太山がGHQに占領されて(戦前、帝國陸軍の演習場であった。現在も自衛隊の駐屯地)そこに駐在していた米兵が読んでいたアメコミがルーツ。

さいとうたかをは堺・福泉あたりで生まれ育ったが、こどもの頃は、よく近くの信太山に忍び込んで米兵が読み捨てたアメコミ(10セントブックス)をコツコツと拾っていたらしい。

この手の10セントブックスは、いまでは貴重なアイテムとして高値で取引されたりするらしいが、当時は戦場で鬱屈している米兵の慰安のために作られた劣悪本、粗悪本に過ぎず、中身も基本、エロとグロとバイオレンスしかない。

しかし、それがさいとうたかをの劇画の世界を作り上げた。要するにディズニー的(それはつまり手塚治虫的な)な「カルフォルニア・ドリーミング」とは系統、出自が違うわけです。さいとうたかをの劇画には戦争とか国家といったリアリズムが常に背景にある。

生まれとか育ちとか大事ですな。人間はどうしても環境に影響される生き物ですから。


カテゴリー: 雑感 タグ:

谷町七丁目交差点東の御神木

2023 年 10 月 12 日 Comments off

大阪まち歩き大学!谷町を歩く。谷町七丁目交差点東の御神木。かつてはここに法妙寺があったが戦後に大東市に移転。いまはマンションになった。御神木は、その法妙寺の敷地にあったものと聞く。都市計画やら寺院の移転で、結果として、道路のど真ん中に御神木だけ残った。いまも巳さんがいるという。

ほんまは伐採する予定であったという話も聞く。しかし御神木を切ろうと斧を入れたら工事関係者に不幸が起こり、中止になったというような話も聞く。都市伝説の類のようにも思うが、よくわからない。
法妙寺は実は近松門左衛門の妻の菩提寺でもあった。なので近松門左衛門の墓がある。マンションの隅に追いやられている。

これを見るたびにみんな「え?!」と驚いて、わかっている人は「情けない…」という顔をする。ちゃんと国史跡(!)であるが、とてもそのような扱いには見えない。行政の大阪文化への無関心、無理解、無教養を感じて、まち歩きでは必ず訪れるようにしていますw


カテゴリー: 雑感 タグ:

ビッグイシューの共同慰霊碑

2023 年 10 月 12 日 Comments off

大蓮寺にて。ビッグイシュー日本さんの共同慰霊碑。ビッグイシューの販売員は過去、2000名を超えるとか。そのうち大体、1割の方がビッグイシューの販売で生活の立て直しができたそうです。ホームレス問題が大手マスメディア、マスコミでクローズアップされだした2003年にビッグイシューは創刊し、まさに社会貢献企業の先駆、パイオニアではないかと思います。

今年で創業20周年らしく仲間の販売員の方で亡くなる方も出てきた。しかし、いろんな諸事情で家族やふるさととは縁が切れていて無縁仏になってしまう人もいる。そういう方の終の住処、心の拠り所としてビッグイシューの共同慰霊碑を建てることになったようです。

大阪では下寺町の浄土宗大蓮寺。東京では山谷にある浄土宗寺院の光照院さんに共同慰霊碑が建立されました。ビッグイシューファンの方、関わりのある方、機会があればぜひともお参り、合掌してください。


カテゴリー: 雑感 タグ:

四天王寺の北東(鬼門)に位置するのが五条宮

2023 年 9 月 29 日 Comments off

四天王寺の北東(鬼門)に位置するのが五条宮。ご祭神は聖徳太子の叔父にあたる敏達天皇という。この辺りの神社は四天王寺ゆかりのお宮さんが多い。四天王寺といえば聖徳太子。だから太子の親戚一同がご祭神として祀られていたりする。

例えば四天王寺七宮(四天王寺を守護するお宮さん。大江、上之宮、小儀、久保、土塔、堀越、河堀稲生)にもなっている大江神社は欽明天皇で、この人は聖徳太子の祖父である。「仏教公伝」はこの欽明天皇時代のことなので、仏教=四天王寺にも深く影響した人物といえるだろう。

また堀越神社と河堀稲生神社は太子の叔父である崇峻天皇がご祭神として祀られている。崇峻天皇は日本の正史に「暗殺された」と明記されている唯一の天皇で、だから「残念さま」「怨霊神=御霊さま」ともいえる。恨み辛み怒り苦しみ哀しみを残した神さまほど霊力が強い。災い転じて福と為すで四天王寺を守護してくれる。七宮にはもってこいのご祭神かもしれない。

ちなみに崇峻天皇を暗殺した人物は東漢駒。東漢(やまとのあや)はその名の通り、漢の国からやってきた渡来人系で後漢の霊帝の子孫と称していた。この辺は本当かどうかはわからないが日本に帰化した後は坂上氏となった。じつは東漢駒は征夷大将軍・坂上田村麻呂の先祖でもある。

あと四天王寺、太子関連の神社では元々、四天王寺があったという鵲森宮があり、こちらは用明天皇(父)がご祭神として祀られている。用明天皇は天皇の位についたが、即位後すぐに当時流行していた天然痘で夭折してしまった。

仏教伝来で、どんどんと大陸と日本の交流が増えるにつれて、じつは日本国中で伝染病が蔓延した。大陸から渡来人たち(僧侶)が来るということは未知の細菌、ウィルスと日本人が接触するということでもある。

それを何とかしようと太子が施薬院、療病院、敬田院、悲田院など「四箇院」を作り、これが四天王寺のはじまりともいうが、病原菌を広めるのも渡来人(僧侶)たちであったし、病気を治す仏教を広めるのも渡来人たちで、要するにマッチポンプといえなくもないw

五条宮の「五条」の由来が謎で、古代の首都・難波宮の時代の条里制の名残で五条の位置に当たるから…という説がある。実際に難波宮から四天王寺までは約3.2キロほどで、古代の一条は諸説あるが大体、650メートルというから五条に相当するといわれても、それほど不思議ではない。京都に五條天神社があり、これは五条の通りにあったというところから名づけられているらしいので、五条宮が難波宮の五条から来ている可能性は十分にありえるだろう。

僕が五条宮で気になっているのは「四天王寺七宮に入っていないこと」で、ご祭神が敏達天皇で位置としても四天王寺の鬼門に当たり、七宮に入っていても全くおかしくないように思うのだが、なぜか入っていない。謎です。

天和(1681~1684)年間の鳥居があったという古文献が残っている。また「玉手松」という松が有名であったらしい。いまは樹齢500年を超えるというイチョウがご神木として崇敬されている。


カテゴリー: 雑感 タグ:

小川郷の偉人たち

2023 年 9 月 23 日 Comments off

いわきの小川郷。やたらと近代に凄い人材を輩出していて(磐城慶隆、白井遠平、永井元蔵、田久彌七、國府田敬三郎、櫛田民蔵、草野義一、草野心平、松本政春…)一体、この地域はなんや?と思っていたが、他のエリアと違って近世、長く天領であったことの影響はやはり見逃せないのではないだろうか?

磐城平藩・内藤家を揺るがした元文三年一揆(1737)の主導者のひとりが、じつは柴原(小川町柴原)の吉田長治兵衛という。Wikipediaにも記載されている。

■吉田長治兵衛

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E9%95%B7%E6%B2%BB%E5%85%B5%E8%A1%9B

この一揆は2万人が参画したという大規模なもので、さすがにこれだけの大騒動となると藩主も御咎めを逃れることができない。結果として内藤家はいわきから遥に遠い宮崎県の延岡に国替えされた。

ちなみに、この「福島いわき市→宮崎県延岡市」というのは江戸時代の大名の国替えの距離としては最長記録になるという。いわきの人から「どうだ!最長記録だぞ!」と自慢げに語られたことがあるw

元文一揆以降、吉田長治兵衛の故郷である柴原周辺(上平、柴原、上小川、福岡)の郷村は、やはり幕府から特別視されたのであろう。延享4年(1747)に磐城平藩ではなくて幕府直轄の天領となった。そして幕末まで、小川郷はずっと天領として統治された。これは他のエリアにはない地域の特色、特徴といえる。

また小川郷に代官所があったというわけではなくて、じつは小名浜が同じく天領で、そちらに代官所があったので、そこの代官が小川郷を管轄していたらしい。この小名浜の代官との繋がりが見受けられるのが小川郷の常慶寺にある「天明飢饉の碑」。

天明の大飢饉に襲われたさいに小名浜の代官・蔭山外記が救民策を行い、その善政に感謝して建立されたものという。飢饉といった危機的な状況が起きれば小名浜から代官がやってきて、いろいろと検分するわけで、どこか小名浜の気風、気質が小川郷の人たちに伝わるだろうし、感化されていったことだろう。

しかし小名浜と小川郷はあまりに遠い。ちょっとした日常的な、些末な事件や事故などは、わざわざ小名浜の代官にいわずとも、小川郷内で解決するというか、庄屋たちに裁量を任されていたに違いないだろう。小名浜がいわき市内の中では天領気質というか「他藩とは違う」という雰囲気が感じられるが、小川郷などは、さらに幕府の代官も常駐していないので、より自治的な雰囲気があっただろうと推察する。

そして、それが小川郷民の地域独特の自治精神や、独立心の由来になったのではないだろうか。戊辰戦争で幕府が倒れて近代化が推し進められると小川郷からやたらと綺羅星の如く偉人たちが輩出される。そのマトリックスに、この小川郷の風土が当然、影響しているだろう。

#いわき時空散走


カテゴリー: 雑感 タグ:

喜多川諦道

2023 年 9 月 13 日 Comments off

ジャニー喜多川は1931年生まれだが、1933年、2歳の頃には家族と共に大阪に移住し、終戦まで育っている。太平洋戦争中は一時、和歌山に疎開したが、育ちとしては大阪人といってもいいだろう。

父の喜多川諦道(たいどう)は大分出身の高野山真言宗の僧侶だが、若き頃に渡米して布教活動に専念している。帰国後、大阪に住んだが大阪では夫婦ぜんざい屋やおかき屋をやっていたという。戦後は一時期、プロ野球チーム「ゴールドスター」(千葉ロッテマリーンズの前身)のマネージャーを務めたりもした。ジャニー喜多川は父の経歴のこともあり、少年野球チーム「ジャニーズ」を結成している。

高野山真言宗が海外布教に意欲的だった時代にエリート僧として米国で活躍したのが喜多川諦道であった。米国時代に結成した「ボーイスカウト第379隊」は当時、人種差別を許さない平等主義のボーイスカウトとしてアメリカ大統領のフランクリン・ルーズベルトにも表敬されたという。

戦後、喜多川一家が住んでいたのが大阪市南区新川町二丁目。現在でいえば難波中三丁目で、なんばパークスと大阪体育館のあいだ。夫婦ぜんざい屋は九郎右衛門町にあった。現在でいえば西道頓堀界隈となる。

喜多川諦道は晩年まで大阪でぜんざい屋を営んでいたという。


カテゴリー: 雑感 タグ: