10/19(土)、20(日)と芝川ビルで実施する「Re1920記憶」というプロジェクトの「平成珍商売」の展示に「まわしよみ新聞」が紹介されています!

今週末、芝川ビルで実施している「Re1920記憶」というプロジェクトで「ナローワーク」の梅山くんが100年前の仕事と平成の仕事を面白おかしく比較する展示ギャラリーをやっています。その中で、平成の「珍商売」として「まわしよみ新聞」が選ばれて、他にもDJ話芸家元のアサダくん、顕在家の市川さん、どこでもヨガの松本さん、なんでもお手伝い人の櫨畑さんなども珍商売として紹介されていますw 残念ながら、ぼくは福岡県の枝光演劇フェスティバルに行くので見にいけないですが、ご興味ある方はぜひとも遊びにいってみてください〜!( ´ ▽ ` )

※「Re1920記憶」in 大阪 
http://kioku.info/
2013年の旅先は大阪です。もう消えてしまった東京の同潤会アパートと同年代の1920年代の建築が活かされようとしている大阪。メイン会場は1927年竣工の芝川ビル。ココは2008年に「同潤会記憶アパートメント」展Vol.6を開催した場所でもあります。2000年代前半からリノベーションも盛んな大阪にて、あらためて開催します。


2013年 10月 18日
タグ:
コメントは終了しています。