6/25(土) 大阪企業家ミュージアム10周年記念連携事業 大阪あそ歩まち歩き「大阪を救った薩摩隼人・五代友厚~官を辞して、民に身を投じた志士~」実施

大阪企業家ミュージアム10周年記念連携事業として、 6/25(土)に大阪あそ歩の五代友厚コース「大阪を救った薩摩隼人・五代友厚~官を辞して、民に身を投じた志士~」のまち歩きを実施します。詳細、お問い合わせは以下のリンク(PDF)を参照してください。

大阪企業家ミュージアム10周年記念事業の実施について
大阪商工会議所が設置・運営する大阪企業家ミュージアムは、企業家精神の高揚を図ることを目的に、大阪商工会議所の120周年を記念して開設したもので、来る6月5日に10周年を迎えます。これを記念して、5月に一部館内をリニューアルしたのをはじめ、年間を通じて、下記のとおり多彩な事業に取り組んでまいります。
【問合先】大阪商工会議所 大阪企業家ミュージアム(大西) (06)4964-7601


ちなみに、坂本龍馬の後継者として、よく三菱財閥創始者の岩崎弥太郎の名前が挙がりますが、三菱財閥は明治新政府と密接に結びつき、政商として成功しました。「世界の海援隊」を目指した龍馬が、果たして三菱財閥のような政商になっていたか?というと僕は大いに疑問です。それよりも明治新政府から離れて、在野の一商人として大阪経済を立て直そうとした五代友厚の方が、より龍馬の後継者に相応しいと個人的には思っています(実際に五代は龍馬とも面識がありました。五代の生きざまには龍馬の思想が深く影響したと思っています)。

このまち歩きをきっかけに、坂本龍馬の真の後継者、大阪の恩人こと五代友厚の偉業を知ってください。


2011年 5月 21日
タグ:
コメントは終了しています。