試行錯誤から思考錯誤、志向錯誤へ

明日の夜は「直観讀みブックマーカー」です。

直観讀みブックマーカーの最大の特徴と魅力と可能性は「読んだことがない本でもできる」という点です。これが書評会やらビブリオバトルと全く違うところ。ぼくが直観讀みブックマーカーをやるさいは「興味関心を覚えた本」と「全く興味も関心もない本」で直観讀みブックマーカーを作ろう!とやります。面白いのが「全く興味関心がない本」でも直観讀みブックマーカーを作る中で興味関心が出てきたりするんですな。

興味関心のない本でも、色んな本を、とにかく手にしてみる。トライ&エラーをあえてする。「やっぱり興味ない。面白いない」ということも勿論あります。普通はそうです。しかし時には「あれ?意外と、この本、面白いな、読んでみたいな」と思わされる瞬間が起こったりする。「試行錯誤」をすることによって「思考錯誤」させるんですなww これが直観讀みブックマーカーの面白いところ。

こういうのは言葉ではなかなか伝わりません。体験してこそ。ぜひともご参加してください。試行錯誤して思考錯誤しましょう。直観讀みブックマーカーで新しい本の世界を知って、そのうち読む本の趣味が変わってきて「志向錯誤」にまで至れば、企画者の冥利というものですw

■2/4(火)19時より「コワーキングスペース往来@暇活」にて「直観讀みブックマーカー」を作ろう!
http://www.facebook.com/events/524205570996980/


2014年 2月 3日
タグ:
コメントは終了しています。