西日本新聞社さんが「まわしよみ新聞」を小学校で実施して記事にしてくれました!^^

nihi

西日本新聞社さんが「まわしよみ新聞」を小学校で実施して記事にしてくれました!^^ 楽しそうですww ありがとうございます~!m(_ _)m

——————————–

■いちおし記事、見つけた 福岡市・原西小で「まわしよみ新聞」 [福岡県]
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/68958

 グループで新聞を読み、お気に入りの記事を見つけて壁新聞を作るユニークな「まわしよみ新聞」の授業が10日、福岡市早良区の原西小(立光浩美校長)であった。西日本新聞社が総合学習の時間に“出前授業”した。

 5年生37人が朝刊を約30分かけて読み、面白いと思った記事や写真、見出し、広告などを三つ以上切り抜いた。次に4、5人のグループごとに、自分が記事を選んだ理由を一人一人が説明。模造紙に貼り、イラストや一言コメントをつけながら壁新聞に仕上げた。

 ソチ冬季五輪の記事から、上村愛子選手や浅田真央選手らの写真を切り抜いて並べたグループは、紙面に「人間すごいぞ新聞」と命名。「感激の涙」を流した上村選手の写真を選んだ山口晃世さん(11)は「テレビでも見たけど、新聞で見ると表情がよく分かった」と話した。

 アニメ「サザエさん」で磯野波平役をしていた故永井一郎さんの後任が決まった記事を切り抜いた児童もいた。

=2014/02/11付 西日本新聞朝刊=


2014年 2月 11日
タグ:
コメントは終了しています。