アーカイブ

2011 年 5 月 のアーカイブ

富田林市・寺内町の新名物!「里庭カフェ」プロデュースの「寺内マフィン」

2011 年 5 月 2 日 Comments off



淀屋橋odonaの前を歩いていたら谷町空庭プロジェクトの空庭さんと遭遇。「なにしてますのん?」と聞くとマルシェ・ジャポン・プロジェクトの「大阪マルシェほんまもん」に出店しているそうで、いま人気急上昇で絶賛売り出し中という「寺内マフィン」を買いました。

富田林市の寺内町にある「みりんの醸造蔵」を活かしてできた店舗「里庭カフェ」のプロデュースで、地元の素材を使い、膨張剤などを加えずに、石窯独特のやわらかい熱で焼き上げているとか。米粉100%で、季節の果物や野菜が入ってました。空庭さん曰く「新しい富田林・寺内町名物スイーツにしたい」とのこと。美味しかったです。オススメ!


カテゴリー: 雑感 タグ:

神戸市兵庫区 「雪御所町」の誇り~かつて兵庫県は日本の首都だった!?~

2011 年 5 月 1 日 Comments off



かつて兵庫県は日本の首都でした。1180年に平清盛が京都の平安京から兵庫の福原京に遷都。神戸市兵庫区にある「雪御所町」はちゃんと御所があったことの名残です。じつに美しい町名。いまもまちの人の誇りです。

ちなみに平安京を「千年王都」とコピーするのは間違いで、あいだにわずか半年ですが福原京遷都の時代(福原時代。笑)がありますから、正確には「四百年王都」の前期平安京(794〜1180)と、「七百年王都」の後期平安京(1180〜1868)となります。京都人は福原京をなかったことにしようとしてる。けしからん!・・・これ、ぼくがいうてるんちゃいますよ。福原の人らが、そういうて怒ってはりました(笑)

また、もし清盛の福原京が成功していたら、まさしく日本の歴史が回天する一大偉業(平清盛の夢のあと~荒田八幡神社:福原遷都八百年記念碑~)でした。いまこそ、ちゃんと福原京遷都の歴史を伝えましょう。


カテゴリー: 雑感 タグ: